「話題豊富」で会話を楽しくする♪

情報を集めて、おもしろく伝える♪

話題は身のまわりにいくらでもあるものです。
でも、意識していないと、それに気づくことができません。

情報を集めて話のネタを豊富にもち、それをおもしろく伝えられるように工夫しましょう
話をおもしろく伝えるコツがあります。
IMARI20160807101319_TP_V

雑誌で人気のグルメスポットを知ったら、実際に行ってみる。
どんなメニューがあるのかネットで調べてみる。

何かプラスアルファの情報を加えて話すと、聞き手の心をつかむことができます。
情報を自分流にアレンジしてみましょう

強調したい部分を話すときは、身を乗り出したり、ちょっとした手振りを加える。
それだけでも、話がいきいきとしてきます。
ただし大げさなジェスチャーは、嫌がれることもあるのでほどほどに。

また、意味のない体の動きは、話のさまたげになるので注意しましょう。
話をするときは、身ぶり手ぶりでいきいきを加えましょう

自分が楽しんで笑顔で話をすることも大切です。
つまらない話だけれど、と思って話していると、相手も話を聞いて楽しかった。
という気持ちにはなれないでしょう。

驚いたり、喜んだり、心配したり、そんな心の変化を声に表しましょう
ちょっと間をあけるのも効果的です。
声のトーンに変化をつけましょう

どんな話をするにしても、「こんな話をしても退屈しないかしら」。
と思わないことです。
「おもしろい話でしょ」と話の内容に自信をもつことが、話をおもしろくする基本です
IMARIB20160807111116_TP_V
なかなか自信がもてない人は、趣味の話や家族の話など。
自分にしかできない話で、持ちネタを作っておきましょう

常にアンテナをはって情報収集を♪

毎日の生活のなかで、少しでも多くのものを見て、読んで、聞く。
話題の豊富な人になるには、日々のちょっとした積み重ねが大切です。

●テレビや新聞から
話題になっているニュースをチェック。

天変地異の話題もだれもが関心をもつ話題です。
クイズ番組やトーク番組にも参考になるネタがたくさんころがっています。

●雑誌から
ファッション雑誌や、健康雑誌などには新しい情報が満載です。
流行りに流されることはありませんが、多少の知識はもっているとベター。

●家族や友人から
人の話をよく聞いておくと、それが自分の情報になります。
他業種の友人からは、その人からしか得られない情報もあります。

家族は、自分と違う年齢層の情報源になります。
まずは身近なところから、いろいろな情報を集めましょう。

言葉をふやすトレーニングがあります
「しりとり」で語彙をふやすやり方です

海の生き物しりとりや、花しりとりなど、テーマを決めてしりとりを楽しむのです。
そうやって、言葉の数をふやしましょう。
PAK85_suizokukannettaigyo_TP_V
他の人とやってみると、自分が思いつかないような言葉が出てきて新鮮です。
お風呂に入ったときに自分ひとりでやってみるのもよいトレーニングになります。

情報通になると、会話することに対して臆病になることが少なくなります
チャットレディさんはぜひ「情報収集」に励みましょう

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!