「言葉ぐせ」は早めに直そう♪

言葉に耳障りなくせをつけない

だれでもその人なりの話し方、言葉づかいのくせをもっているものです。
自分では気づかない...。
でも、それが相手にはとても耳ざわりに聞こえているかもしれません。

同じ言葉を何度も言っていないかチェックしましょう。
特に気をつけたい言葉ぐせがあります。
YUKI_uwanensyuhikusugi15113032_TP_V

●語尾がのびる
わたしはぁ、こう思うんだけどぉ」というように、語尾を伸ばして話す人は多いもの。
話している内容がよくてもだらしなく聞こえてしまいます。

はぁい、わたしでぇす」と「はい」や「です」「ます」の間がのびてしまう人もいます。
注意しましょう。

●いらない「っ」が入る
すっごく、すってきな人がおしゃれなカフェにいるんだって」。
というように、「っ」をたくさんつけるくせも女性には多いものです。

ほんとうに強調するために一か所程度つかうならよいでしょう。
ですが、つかいすぎては落ち着きがないように感じられます。

●専門用語、略語、外国語、カタカナ言葉のつかいすぎ
仕事などの専門用語や、略語を普通の会話で多用する人がいます。
意味がわからない人にはたいへん失礼です。

外国語やカタカナ言葉も、そればかりでは聞き手が疲れてしまいます。
「えらそうだ」と誤解を招くことも...。
相手にわかる言葉で話しましょう。

●流行語のつかいすぎ
流行語はたまにつかうと、その場の雰囲気が楽しくなったりするものです。

でも流行語ばかりでは、軽薄な印象になります。
上手につかいましょう。

●おかしなイントネーション
言葉の音の上がり下がりが大切な日本語。

イントネーションがおかしくなるととても聞きづらくなります。
仲間どうしではよくても、職場などではひかえたいものです。

●いらない言葉が何度も出てくる
語尾に必ず「さ」がついたり、「ええと」「っていうか」を連発したり。
必要のない言葉はとってしまえばさっぱりします。

●言葉尻の声が小さくなる
話しているうちに声が小さくなっていったり、語尾がはっきりしない人もいます。

自信がないように感じられ、話がうまく通じないことも...。
最後まではっきり話しましょう。

言葉ぐせはうつるものです
変な言葉のくせやイントネーションにかぎって、まわりに移りやすいものです。
おもしろがって真似ていると、くせになります。
TAKEBE_micyatta_TP_V
それが思わぬところで出てしまうので注意しましょう。
親しい友人とは、言葉づかいも似てくるものです。

友人の話を聞きながら言葉のチェックをしてみましょう
言葉に耳ざわりなくせをつけないことが大切です♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!