素直に言える人ほど会話も楽しい♪

気持ちや意見を素直に言おう♪

世間話しかできない人がいます。

そういう人とはあまり会話をする気になれないと思います。

お互いにある程度親しいのに、話がうまくかみ合わない。

それでは困ります。

その辺の道端で出会った近所の人に、「今日は寒いですね」。

と言われるのは別に構いません。

たいして親しいわけでもないから、差し障りのない会話で別れる。

人間関係の潤滑油みたいなものなので、それはそれでいいのです。

これから会話をもりあげていく必要がある。

そうならば、ちゃんとした言葉のキャッチボールが必要です。

洋服を熱心に選んでいるとき。

ショップの店員さんに「それは今年人気ですよ」。

と声をかけられて驚くことがあります。

どう返事をしていいのか、困惑してしまいます。

一般的なことを言われても、返す言葉が見つからないものです。

「今年人気です」。

と言われても、お客様が求めているものが違うかもしれません。

逆に「どういったものをお探しですか?」。

と言われた方が、言葉が返しやすいものです。

そこで、やっとお客様と店員との会話が展開されていきます。

どういうものが自分に似合うのかわからずに困っているとします。

このデザインは好きだけど、色はどの色が似合うのだろ...etc。

それを問われた店員は快くアドバイスをしてくれるはずです。

個人的な意見を言えない人は、相手をないがしろにしていることになります。

どうしてなのか説明しましょう。

個人的な意見イコールその人です。

だから、個人的な意見を述べないというのは「わたし」を相手にみせたくない。

ということになります。

相手が自分とたいして親しくないとしてもです。

事務的な返事しか返ってこなかったら誰だって不愉快になります。

中には、干渉されずにゆっくり服を選びたいと思っている人もいます。

そういう人に、「今年人気です」。

感情なく押し付けたなら不愉快になりそのショップから出ていくことも..。

個人的なことを言うのも失礼。

そんな風に誤解している人もいます。

それは明らかに間違いです。

確かにいきなりぶしつけな聞き方をするのはよくありません。

ですが、親しみを込めた会話は相手にも喜ばれます。

選んでいる服をどういうものに合わせたいのか。

いつも好んでどんな色のものを着ているのか。

そういう質問をしたなら、お客様も会話をする気になります。

チャットレディのお仕事が初めて。

という人は緊張のためうまく喋れない...。

それが当たり前だと思います。

そういう時こそ、自分が緊張していることを相手に伝えていいのです。

それを何か別のもっともらしい話題を出さなければと思いがちです。

だから、相手に一般論しか言えなくなるのです。

その結果どうなるかというと、お客様から「つまらない人」。

とマイナス点をつけられてしまいます。

先に個人的な情報を相手にいうことで、相手も自分の情報を話すのです。

この人は自分と距離を近づけたいと思ってくれるきっかけになります。

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!