相手を「不快にさせない」伝え方♪

言いたいことはソフトに♪

自分の意見を言ったとき、思いがけずに言い方がきつくなったりしまいます。
そして、相手を不快にさせてしまうことがあります。

自分の思っていることをソフトに相手に伝えるための、上手な言い方を覚えましょう
自分の言いたいことを言い出すコツがあります。
N112_memowotoru_TP_V

☆相手の話は最後まで聞く
相手が話しているとき。
自分の意見が言いたくなっても、すぐに口をはさむのはマナー違反

相手の話がひと段落するまできちんと聞きましょう
最後まで聞いてみると、同じことを考えていたということもあります。

そんなときに途中で口をはさんでしまったとします。
「だから、わたしもそう思ってたのに」と相手を怒らせてしまいます。

☆相手の話は否定しない
「それは、ちがうでしょう」「でも、ほんとうは~じゃなかった?」
など、相手の話を否定するような言い出し方は相手を不快にさせます。

はじめからよいイメージをもってもらえない。
そうならば、こちらの意見を聞いてもらえないでしょう。

TSUokujyoudeau_TP_V
「なるほどね、じゃあこういうのはどうなの」「そうか、私は~だと思ってた」
と相手の話はそのまま一度受け止めて、自分の意見を言うようにする
そうならば、相手も気持ちよく聞いてくれるはずです。

☆クッション言葉を上手につかう
いきなり用件から話す人はあまりいません。

「失礼ですが」「恐縮ですが」など、はじめにひと言加える。
それだけで、ずいぶんやわらかな印象になります。
相手の心の抵抗をとりのぞくひと言が、クッション言葉です

相手に意見するときも、「傷つけちゃったらごめんなさい」。
と言えば、悪意があって言っているのではないことがわかります。
状況に応じたクッション言葉を使いましょう

kawamurayukaIMGL037352_TP_V (1)

クッション言葉のいろいろ♪

ここでは、あまり堅苦しくない言葉を紹介します。
ビジネスシーンではよりていねいな表現をしましょう。

●声をかけるとき
「失礼ですが」
「ちょっといいですか?」

「すみませんが」
「忙しいところすみません」

●さそったり、お願いするとき
「さしつかえなければ」
「もし、よかったら」

「ずうずうしいとは思うけれど」
「言いづらいんだけど...」
「こちらの勝手で、ごめんなさい」

●注意や、苦情を言うとき
「失礼なことを言ったら、ごめんなさい」
「厳しいことを言うようだけれども」

「私の思いがちかもしれないけれど」
「知っているとは思うけれど」

「言い返すことになっちゃうけれど」
「何度もごめんなさい」

●断るとき
「せっかくだけれど」

「ほんとうに残念なんだけれど」
「役に立てたら、わたしもうれしいのだけれど」

青女性 
言いたいことはソフトに伝える
自分の意見を言うときは、相手の話を聞く態度も大切です♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!