「自虐ネタ」で落とす♪


このアピールに男性は食いつく♪

クラブの女性たちがよく、お客様にこう言います。
「私、ずーと彼がいない空家なの」。
「友達いないから、誰からも電話来ないよ」。

「ごはん、いつもチョコなんだ」。
「バースデーは家で映画観てた」などと言います。
そしてそれに対してお客様がこう答えます。

「いい加減彼つくれよ(笑)」「お金ないの?飯くらいちゃんと食えよ(笑)」。
「ほんとお前ネクラでヤバいよ(笑)」などと嬉しそうにからかってきます
このような場面がしょっちゅうあるようです。
MAX_blackpugya-20150207114045_TP_V

男性は女性のこういう自虐ネタが、かわいくて好きなのです
そして女性たちも、男性が喜び、自分がかわいがられるのをわかっています。
なので話が同じ流れになるのでしょう。

女性が「一人さびしい」的なネタをいうと、ハードルが下がって男性は安心します
そしていとおしく思うものです

たとえば5人の女性がいます。
ある男性から見て「どの子もどんぐりのせいくらべだな」という場合。
こういうかわいい自虐ネタが出ると、その女性が頭一つ抜け出たりします

アクティブで人生が充実していそうな女性は、輝いてステキです。
しかし、「私は一人でいても楽しくて幸せ」ばかり見えてしまうのです。

すると、男性は「自分なんかの入る余地はないんじゃないか」。
と感じてしまったりもします。
IMGL8782171031_TP_V

男性は断られたり傷つくことが怖いのです
だからそんな輝いているあなたが、たまに「一人でさびしいなぁ...」。
と「いじいじ」しているのを見せると、こう思います。

「オレでよかったらいつでも呼んで!」。
「オレがいるから!一人じゃないよ!」「どこでもつれてってあげるよ!」。
という気持ちになるのです。

だけどあくまでも冗談で、本気アピールしすぎないように
「ねぇ、彼ができなくてさびしいの!」「助けて!なんとかして!」。
とマジで言われても、引くしかないのです。

また、たとえばある年齢をこえた女性。
「私はオバサンだし誘われないのよね」などという場合も微妙です。

いじられキャラだったら、まだ笑いながらつっこめます。
「お前まだあきらめてないのかよ」と...。

ふだん冗談を言わないような人が言った場合やそこまで親しくない場合。
笑えずにフォローに走るしかない、気まずい空気になります。
自虐ネタは空気をちゃんと読んで、みんなで楽しめるように使いましょう

YUKA7541_dakdkis_TP_V
適度な自虐ネタに男性は安心感を抱くのです
チャットレディさんもお客様との会話に軽い自虐ネタを織り込んでみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム