上質な「あいづちと返事」♪


モタモタ話す人には、あいづちを多く打つ♪

あいづちには、話し手を誘導する役割があります。
聞き手が、次々とタイミングよく、あいづちを打つ
すると、相手は話を進行しやすくなります

モタモタとスピードが遅く、話が長い人。
そういう相手には、あいづちの回数を増やしてみてください

「それで?」「それから?」。
と、あいづちを打つことで、話し手を先へ先へと誘導することができます。

特に、相手がお客様や上司の場合、面と向かって注意することは難しいものです。
話の進行状況に合わせ、上手にあいづちを打って、話を先に進めましょう
あいづちが上手になれば、コミュニケーションは、数倍よくなります

モタモタ話す人に効果的な色があります。
それはオレンジ色です。

オレンジ色や赤、黄色系統の色は運動神経に働きかけてくれます。
そして、体の動きをスピーディーにしてくれます。

4IS_orangenoranakyurasu_TP_V4
特に、オレンジ色のシャツを身につけると、相手の動きや話し方に勢いが出てます。
テキパキと話を進められるようになるでしょう。
あいづちで誘導すると、話しやすく、聞きやすくなります

上質の返事をする♪

ある大手電器メーカーの入社式でのこと。
一人ひとり、名前を呼ばれる場面がありました。
全員が「はい!」と素晴らしい返事をして、起立したのです。

社長が「今年の新人は、なんと素晴らしい新人ばかりだ!」と絶賛。
採用担当者までほめられたそうです。
返事だけでこんなに見事な効果.効用があるのです

幼稚園児は、みなさん素晴らしい返事をします。
ですが、大人になるにつれて返事が小さくなります。
GMKN_STUDIO_021_TP_V4 (1)
そればかりか、名前を呼ばれても返事をしない人がだんだん多くなります。
なぜでしょうか。

簡単すぎて、普段はあまり意識したこともない返事。
ですが、実は、返事にはとてもたくさんの重要な意味があります。

●「あなたの話を聞いています」という承知,了解
●「あなたに関心を寄せています」という関心.共感
●「あなたの意図を受け入れます」という承諾.同意

●「わたしはここにいます」という存在.自己主張
●「それでは次にいきます」という区切り.進行.転換
●自問自答.自分への声かけなど

返事の「はい」には、「排」という意味もあると聞いたことがあります。
「はい(排)」の返事は、たった一字で、敬う.奉るなど、相手への敬意。
そして、謙虚な自分の姿勢を表します

また、返事には、あいづちと同じ役割があります。
人の話を聞くときには気持ちのよい返事をしましょう。

口を大きく開け、はっきりと、「はい」と発言したら、素早く、口を閉じる
これが、100点満点の返事です

YUKA862_keirei15190122-thumb-815xauto-18584
鏡を見て、毎日連続5回、満点の返事を練習しましょう。
こんなに短くて簡単、相手によい印象を与える返事を、今日から使ってみてください
100点満点の返事は、謙虚な姿勢を表す最高のあいづちになるのです♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム