「アドバイス」は素直に受け取る♪

アドバイスを否定しない精神♪

日本人は世間体を大事にします。
日本の組織の動きも、世間体の闘いでしかありません。

どの意見が正しいかではなくて、どうやって自分の世間体を守るか。
という議論を一生懸命やっているのです。

世間体にこだわる人には、アドバイスができなくなります
世間体は別な言い方をすると、変なプライドです
これは、真面目な人に多く見られます。

叱られなれている人は、いつも叱られているので、叱られことが平気です。
ところが、優等生で育ってきた人は、あまり叱られた経験がありません。
YUKA_schoolkakaeru15215519_TP_V

ぶたれたりしなくても、「叱られる」。
ということに対して、とても恥をかかされたと感じる人がいます。
自分の世間体をつぶされたと感じるので、怒ってしまうのです

一般論でアドバイスしてあげていること。
それを、何か個人的に言われたと勘違いしてしまいます。

「これはこういうふうにしたほうがいいよ」と言ったとします。
なのに、「あなたはこうしなくてはダメじゃない」。
と、あたかも自分の人格を否定されたような気持になってしまうのです。

追い詰められてもいないのに、自分自身で追い詰められたような気持ちになってしまいます。
人は、世間体を守ろうとする時、冷静さを失い、逆上します
そうすると、その人はアドバイスをしてもらえなくなります。

アドバイスをもらえなくなるのは、その人の人生にとってはマイナスです
なので、あなたが成長していくためには、うまくアドバイスしてもらいやすい空気をつくる
それが大事なことです

アドバイスをしてもらった時。
素直にそれを聞き入られるようにするには、自分が注意されていると考えないことです。
いいかげんさが必要です。

「あなた、ダメじゃない」。
と言われても、直接自分に対して言われていると思わないことです。

「よくそういう人がいるんだよね」。
でも、自分も同じようなことがあるから参考にしなくてはいけない」。
と考えるのです。
150415222377_TP_V
相手は一般論を言っている。そうね、自分にも当てはまるかもしれない」。
と思えばいいのです

アドバイスされたことを、非難として、受け取ってはいけません。
アドバイスは攻撃ではないので、反撃は必要ありません。

「なるほどね」と、自然体で受け止めることが大事です
「そんなことやっていないわよ」。
と言うのは、テニスで言えば、ラケットを投げつけてしまっているのと同じです。

アドバイスを素直に受け止めて、「なるほど」と返せば、ラリーは続けられます
叱られたのではなく、教えてもらったと感謝しましょう

YUK85_ossu15095452-thumb-autox1000-12512
ビジネスシーンに限らず。アドバイスを受けることもあると思います。
最初から反発せずに素直に受け入れる気持ちを持ちましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!