互いの「メリット」で頼み上手に♪

上手な頼み方.上手な断り方♪

何か頼まれる場合。
同じ内容なのに、頼む人によって、こちらの受け止め方が違うことはありませんか?
頼まれて嫌な気がしない人と、なぜか、頼まれたくない人と、両方いるようです。

頼まれて嫌な気がしない人は、どんな頼み方をしているのでしょう。
たとえば、「あなたを〇〇と見込んで、お願いがあります」。
という言い方も、相手に一目置いた賢い頼み方です。

この言い方は、「あなただから」、「他の人では無理だから」。
という前提で、相手の存在感をアピールしているので、相手も気分よく、頼みを聞けます。

また、頼み事は、一方的にするイメージが多いものです。
押し付けるのではなく、相手も喜ぶメリットを見つけて、言葉にして伝えてみましょう。

何かをお願いするとき
「自分の都合だけ」ではなく、相手にも「きっとよいことがある」
というメリットや付加価値を見つけて頼むと、相手もハッピーになります

なので、すんなり受け入れてもらえます。
あなたも頼み上手、頼まれ上手になりましょう。

お願い事をするときのお助けカラーとして活躍してくれるのはレモンイエローです。
レモンイエローは、やや青みが入った黄色で、甘すぎないので、媚びない女性らしさ。
そして、かわいらしさをアピールすることができます。
elly134102126_TP_V (1)
レモンイエローを身につけていると、どんな人も、あなたのことを大事にしてあげたくなる。
そのような気持にさせます。

また、いつも実際の年齢よりも老けて見られやすい人。
そういう人などは、レモンイエローをファッションに取り入れると、若返ります。
互いのメリットを見つけると、頼み上手になれます

断るときは、早めに返事する

頼みごとをされたたとき、比較的大きいことは、断るときも断りやすいものです。
ですが、少し努力すればできそうなこと、小さなことほど、なかなか断りきれない。
ついつい、返事を先延ばしにしてしまったという経験はありませんか?
BIS151026033534_TP_V

お断りはどんな場合も、相手に直接、早めに返事をすることが大原則です
返事が遅くなればなるほど、時間の経過とともに相手の期待は膨らんできます。

結果が、「Yes」であれば問題ありません。
「No」となった場合、待たされる時間に比例して、相手の気持ちを急降下します。
なので、信頼関係が薄れていきます。

即答できないときや時間を必要とする場合
その理由と、いつ頃返事ができるのかを、先に相手に伝えておきましょう

そうすれば、相手も状況を理解してくれ、必要以上に期待しなくなります。
こちらも、断るときに断りやすくなるものです。

YUKA863_uresiina15202157-thumb-815xauto-18745
また、断る理由をはっきりさせ、曖昧にしないことも礼儀です
さらに、「ほかに私にえきることがあったら、どうぞ」とつけ加えれば、完璧です。
小さな頼み事も、大きな頼み事も、早めの返事であなたの誠意を表しましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!