「心配り」の会話テクニック♪


心配りで信頼を得る♪

会話上手な人とは、聞き上手な人だとよく言われます。
では、聞き上手な人はどういう人でしょうか。

ひと言でいうと、相手の発言を増やすことができる人
これに尽きます。
この人に話してもしょうがないと相手に判断されたら致命的ダメージです。

聞き方のテクニックよりも前に、誠実な人間か、自分の立場になってくれるか。
自分の話に興味を持ってくれる人なのか。
このような心理的な部分で判断されます。

相手の発言量を増やすことができる人=聞き上手になる
その方法は、とにもかくにも「相手から信頼されること」が大切なのです。

相手から信頼される聞き方のポイント。
それは、相手のペースで聞く
というリスニングテクニックです。

相手から信頼を得るために、徹底的に相手のペースに合わせて聞く
相手を主体に、相手が話したいと思うときまで、じっくり待つ
話そうとしない相手から、無理に聞きだそうとしない

150912155989-thumb-815xauto-19286

このテクニックを応用すれば、口数が少ない人と話したり、なにか重い話をする。
そのようなときに、相手から言葉を引き出すことができるのではないでしょうか。
会話には楽しい雰囲気がもっとも重要です。

相手の関心度合いに合わせる。
うなずきとあいづちを打って会話を盛り上げ、もっと話したい気分にさせるのです。
一緒に笑ったり、ツッコミをいれたり。

つまり、聞き方の「アクション」の部分に力を入れます。
聞く体勢をつくる→アイコンタクト→アクション→リフレクション

そしてTPOに合わせて、どのようにしたら相手が心地よく話せるか。
相手を主人公として引き立てられるかに気をつかうことが必要です。

ではどのように聞いたらよいのでしょうか。
相手があなたに求めているのはなにか、という部分に気を使います。

一方的に話を聞いてもらいたいのか。
それともあなたに話してもらって一緒に会話をしたいのか。
どちらを求めているのかしっかり判断し、相手に合わせるようにします。

●凄いと思われたくて話しているのか。
●カッコいいと思われたいのか。

●オシャレと思われたいのか。
●仕事ができると思われたいのか。
●モテると思われたいのか。

自分自身をどのように見てもらいたいのか、そのツボもいろいろです。
こうした相手のツボを押さえるだけで、相手の言葉を引き出しやすくなります。

相手が急に話題を変えたとき

相手が急に違う話題を話しはじめたときは、その話題に対する気持ちが非常に強いということです。
相手の会話をさえぎってまで伝えたい内容なのです。

その気持ちの大きさを感じましょう。
こうした場合、2つの理由があり、そのどちらかに必ず当てはまります。

今話してる内容の拒絶
これから話す内容に対する大きな興味

急に話題が変わった直後は、なぜその話を切り出したかを理解することです。
相手の心に大きく目を向ける」「相手の話を聞く姿勢をとる」というサインです。
相手のことをより深く理解するチャンスです。

聞き上手な女性はこのチャンスを逃しません。
相手がどのような気持ちで話しているのか...。
これを考えてこそ、心配りができる女性といえるのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム