「うなづき」にもコツがある♪


心をつかむ上手な聞き方♪

会話で相手の世界に寄り添っていることを一番簡単に伝える方法があります。
この技術だけで、人から好かれる会話上手になったようなものです
人見知りで引っ込み思案、あまり口数が多くない方には必見です。

私たちは自分の話を聞いてもらいたくて、さらに、聞いてもらう。
そうすることで、自分がこの世界に存在していると確認しています。
rewtyufi_TP_V

人間本来の原理原則に従って、会話での交流を考えてみたとき。
実は自分がしゃべることより相手がしゃべることに同意する
その方が簡単に相手の心をつかむことができるのです。

あなたの話の続きが聞きたい
あなたの話に興味があります
あなたの考え方に同意します

これらを満たす、とっても便利な技術は、うなずきとあいづちです
まずは、一番簡単なうなずきから。
うなずきは、相手の「、」や「。」のタイミングに頭を縦に振り下ろしましょう。

「、」では「いち」と数えるくらいの早さです。
「。」では「いーーち」と数えるくらいゆっくり頭を振り下ろします。

うなずきは、言葉を発しないので、タイミングよくできるようになる
すると相手の話をさえぎらず、会話にリズムをつけることが簡単にできます

相手は、テンポよく話せ、気持ちよくなって、どんどん話してくれます。
その上、縦に振り下ろしているので、視覚的にも「同意している」ことが伝わります

「自分の話に理解しているんだな」「自分と同じ考え方なんだな」「自分ってOKなんだな」。
と一気に心が満たされます。
一言も言葉を発しないのに、とても強力なのです。
IMGL8657171031_TP_V

お手本にすべき番組

このうなずきも、当たり前で、自分はできていると見逃してしまいます。
実は一番できていない技術です。

特に「うんうん」と聞いているつもり。
なのに、「聞いている?」「興味ないかな」「つまらなそうだね」と言われる。

相手がころころ話題を変える
だんだん相手の話すテンポが悪くなって、間が開くような人は要注意

では、何に注意すれば満点のうなずきになるのでしょうか?
それは、タイミングとうなずきの大きさです
まず「、」や「。」のタイミングを見計らうことです。

実は、これはとても注意深く相手の話を聞いていないといけません。
そうでないと、なかなかタイミングよくうなずくことができないので、案外できないのです。

練習するには、ニュース番組を利用します
正しい日本語の話し方の基準とされています。
ですから、句読点のタイミングを耳から聞き取る訓練するのにはとても有効です

SAYA151005478272_TP_V
慣れてきたら、「それから、それから」「どうなったの?」。
と続きを聞きたいことをもっと積極的に伝える、あいづちを入れていくといいでしょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム