意識する話し方、聞き方


「自分の話し方」を意識してみる

”話し相手”の反応はどうなることが多いのだろうか?

「話し方」は、改めて取り上げると、身構えてしまいますね。
「私には、とても」などと尻込みする人が意外に多いかも知れません。
反面で、人は毎日、話したり聞いたりしてます。

たいてい、なんの気なしにしゃべり、無造作にものを言っているものです。
改めて「話し方」「聞き方」を学んだことはあまり記憶にないと思います。
小さいころから、しゃべったり聞いたりしているので、意識することが忘れられてるのでしょう。

時には、難しく考えると同時に、一方で、当たり前のこととして無意識にしゃべっています。
話し方を変え、話し上手になるになるには、どうすべきなのでしょうか。

その為には、自分の話し方を振り返ってみて、ほんの少し意識してみる。
「今まで気づかなかったことに気づく」
気づいたら、さっそく、気づきを元に”話し方の改善”に取り組んでみましょう。

その際、自分が話した事に対して、相手がどんな反応をするかを把握しておくことが大事です。
何気なく交わしていた会話のやりとりの、どこに問題があり改善策を考える。
そのことによって、貴方の話し方が変わり出し、貴方自信も変わり始まります

上の空の聞き手が多い

毎日、なんの気なしに言葉を口にしているので、自分が話せば相手は聞いていると思いがちです。
振り返って考えてみると、あなたの話を聞いているかどうか。
自分が聞く側に廻ってみればよくわかります。

うっかり聞き漏らしてたり、ぼんやりして聞き流してる事も多々あるはずです。
声を出して、ものを言ったからといって、相手は聞いているとは限りません。
むしろ、あなたのメッセージは、しばしば相手に届いていないこともあるのです。

「そう」「へえ」「ふーん」などの言葉は、聞いたふりをして、殆ど聞いていない。
これは、あなたにも、思い当たることがありますよね。
相手を聞き手にするためには、よく相手をみて、工夫をすることが大事ではないでしょうか。

とは言え、このお仕事は複数のお客様と会話をします。
十人十色に合わせて、会話を繰り広げるのは容易ではありません。
ひとつでも、一貫性のある自分なりの、あいさつを考えるのも手ですね。

ひと言の「あいさつ」が自分と相手を変える

「あいさつ」はコミュニケーションの出発点でもあり、第一印象の決め手になります。
お客様の出かたを待つのではなく、「今日は声を掛けてくれてありがとうございます!」
快活に感謝の言葉から会話を始める、お客様の緊張も緩んで会話のきっかけができます。

誰でも元気に、声をかけてもらえると、その相手にいい印象を抱きます。
自分の話を聞いてもらいたいなら、先ずは自分から話しかけ、しっかりお客様の話に耳を傾ける
こんなちょっとした工夫が、あなたの好感度アップに繋がる手段のひとつです。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム