「マナーを制せす」=仕事も恋も制す♪

基本+心のマナーを身につけよう♪

マナーと聞くと、あなたは、どんなことを思い浮かべるでしょう。
席順?言葉遣い?などでしょうか。

マナーとは、正式な【行儀】【作法】ということです
たしかに、物ごとの【正しい作法】を知ることは大切です。

あいさつ、言葉遣い、服装、身だしなみ、順序、席順、態度。
それは礼儀礼節の基本です。

形式のマナーよりも心のマナーが大事です
マナーとは、他者を気遣う気持ちを形で表すことだと思うといいでしょう
N112_genkansakideodemukae_TP_V

マナーで大切なのは形式ではなく、いかに相手に喜んでいただけるか。
不快感を与えないか。

席順などのマナーも、他者への気遣いをマニュアル化したものでしかありません。
絶対的なルールではないわけです。
ですから、状況によっては、ルールを変えてもいいと思います。

接客でもそうです。
お客様にピタッとくっついて説明するのがサービスだと思っている店員さんがいます。

でも、「お客様に説明して差し上げたい」というのは、自分本位な気持ち。
ひょっとしたらお客様は、ひとりでゆっくり商品を見たいかもしれません。
kawamurakaisatu_TP_V

「ひとつひとつご説明しましょうか。それとも、おひとりでご覧になりますか」。
と聞く方が親切ですね。
これが【マニュアル的なサービス】と、【心の通ったサービス】の違います。

お客様のことを、お客様の立場に立って考えるサービス。
それが、結局はお客様の心を動かし、やがて売上にもつながるのです。

基本的なルールに加えて、相手への気遣い.心遣い.気配り.目配り.心配り
これができるようになるのが、本当の意味でのマナーです

安心の【基本マナー】♪

最低限知っておきたい、言葉遣いや席順などの基本マナー。
意外と抜けてたり、「今さら聞けない...」というものもあるのではないでしょうか。
ここでは、そんな超基本のマナーをおさらいしましょう。

●敬語...「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」をしっかり使い分けて
「丁寧語」は、「です」「ます」など語尾につけ、丁寧にする言葉。

「尊敬語」は、相手の立場を持ち上げる言葉。
相手の動作に使い、「おっしゃる」「召し上がる」「いらっしゃる」。
などがこれにあたります。

「謙譲語」は、自分を低くすることで相手への敬意を表す言葉。
「申し上げる」「拝見する」「うかがう」など、自分の動作で使います。

丁寧語は対等な相手向きなので、同僚や仲のいい先輩くらいまでにしておきましょう。
上司や取引先などには、尊敬語と謙譲語を使ってください。

間違いやすいのは、敬語を重ねてしまう二重敬語。
「ご覧になりますか」を「ご覧になられますか」などとするのは、正しい敬語ではありません。
謙譲語も、過剰なものはNGです。

たとえば「拝見いたしました」は、「拝見する」「いたす」の二つを重ねているので✕。
「拝見しました」もしくは「見させていただきました」。
などが正解です。

●席順...基本は、出入り口から遠いのが上座
出入り口から遠いほど、上座になります。
和室の場合は、床の間のそばが上座です。

最後にテーブルマナーも大切です
おいしそうにきれいに食べるのが基本です。
resutoran
洋食の場合はナイフとフォークの使い方はしっかり覚えておきましょう
和食の場合は、箸の使い方も正しく知っておきましょう
マナーを制す者が、仕事も恋も制するのです

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!