ほめ言葉は「魔法の言葉」♪

ほめ方の極意♪

外国人はほめることがとても上手だといわれます。
言葉だけでなく、身振りや手振りを交えて、全身で表現します。

すると、ほめられた人はとてもいい気分になるはずです。
逆に、日本人は、どちらかというと、ほめるのが苦手な人が多いようです。

現代は、職場でもプライベートでも、人間関係をよりよくするために人をほめます。
それは、とても大切で、必要なことと認識されています。

ほめるときは、相手をよく見て、ほめる材料を見つけることから始めます
そのためには、相手に関心を持つことが第一です

相手に関心を寄せることで、その人のよいところ、変化したところ。
日頃から努力しているところなど、ほめる材料はたくさん見つかります

ただし、上手にほめるようにしないと、お世辞と受け取られてしまい、逆効果です。
ほめるポイントを押さえて練習すれば、誰でも上手に人をほめられるようになります

TAKA160421400I9A2651_TP_V
ほめ言葉は、人とのコミュニケーションをスムーズにする「魔法の言葉」です
ですが、上手にほめるにはコツがいります。

相手のわずかな変化をすぐにほめる♪

相手に関心を持って見ていると、その人のちょっとした変化に気づくはずです。
相手にとって快い変化、好ましい変化に気づいたら、すぐにほめてあげてください

また、いちばん先にほめた人が、相手の脳裏には最初に刻まれます。
なので、後でほめた人よりも好印象を持たれます。
ほめるのも、先手必勝です
kawamura20160818203014_tp_v
ほめるポイントはいろいろあります。
参考にしてください。

肌がキレイになった(特に女性に対して)
少しやせた
表情が明るくなった

前髪をカットした
口紅の色が変わった
香水が変わった

机の上がキレイになった
仕事が速くなった

発言が多くなった
段取りが速くなった

大きな変化は誰が見てもわかります。
よく見ていないとわからない小さな変化をほめられる。
すると、人は「自分に関心を寄せられている」と大きな喜びを感じるものです。

また、目に見える変化は、事実をほめることになるので、お世辞に聞こえません。
相手のわずかな変化に気づける「五感」を研ぎ澄ませましょう。
小さな変化をほめられた人は、大きな喜びを得ることができるのです
kawamura1030IMGL3937_TP_V1

タイミングよく、短い言葉でほめる♪

「相手を認める」「相手に感動する」「相手に敬意を払う」などの気持ちがない。
すると、心の底からほめることはできません。
最もスムーズにほめ言葉が出るのは、感動したときです

感動したときに出てくる言葉は、とても短く、感情が濃縮されています。
相手にも瞬間的に深い感動を与えられます。
瞬時に出てくる「ヒラメキ言葉」をほめ方の基本にしてください

また、ほめるときは、長々と区切りなく言葉を連ねるのと、言葉を選んで短く言う。
それとでは、伝わり方が大きく違ってきます。
短い言葉で、事実をわかりやすく伝えてください

OOK863_kekkonshiki_TP_V
相手に感動したときにほめる
これがタイミングのよい上手なほめ方です
感動は短い言葉で早く伝えると、直球で生きたまま届くのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!