「話を発展させる」ために必要なこと♪

適当なあいづちは誤解のもと

「ええ」「はい」「まあ」「そうですね」など...。
あいづちは相手の話を発展させるための大切な要素です。

でも気をつけてつかわないと、相手を不愉快にさせたりします。
誤解をされる場合もあるので、ただ言えばいいわけではありません。
DI_IMG_5783_TP_V (1)

あいづちの原則
●心を込めて
いくらあいづちをうっても、「はあ~」「ふうん」など適当に答える。

心ここにあらずというのでは、かえって相手に悪い印象を与えるだけです。
「すごいわね、どうやったの」「まさか!それからどうしたの?」
など、気持ちのこもったあいづちをうちましょう。

●相手の目を見て
話を聞くときは、相手の目を見るのが基本です。

あいづちをうつとき。
そっぽを向いていては、聞いているふりをしているような印象を与えてしまいます。
あいづちにもアイコンタクトは大切です

●相手の感情にあったあいづちを
相手がどんな気持ちで話しているかを察知します。
相手の気持ちをくみとるあいづちをうちましょう。

●タイミングよく
相手の話をさえぎるようなあいづちはNGです。
ちょっと言葉が途切れたときや、間があいたとき。

「それでどうしたの?」「まあ、大丈夫だった?」
など、つぎの言葉を発しやすいようなあいづちをうつと効果的です。

●自分の感情にあわないときは意思表示を
「そうね」というのは、同意のあいづちです。
でも自分の考えが相手と違う場合、それだけで終わらせておくと、誤解されることも。

まず「そうね」と相手の話を聞いておきます。
「あなたの気持ちもわかるけど、こういう考えもあるんじゃない」。
と、ソフトに自分の気持ちを伝えることが大切です

MIZUHO1796003_TP_V

あいづちのバリエーション

●驚きをあらわすとき
話の流れから、相手がどんなリアクションを期待しているかを察知しましょう。
「まさか」「そんな」「ほんとうに驚きますね」「まあ、すごいですね」

●同意するとき
いつも同じようにうなずくのではなく、おおいに同感!というとき。

上体を揺らすぐらい大げさな同意のジェスチャーを。
「そうね」「そのとおりですね」「さすがですね」

●つぎの言葉を引き出すとき
まず同意してから、テンポよく相手の目を見て。
「...そうですか」「とおっしゃると」「それで、どうなりました」

●疑問をあらわすとき
首をかしげて相手に疑問のサインを送ります。
「なぜ」「そうかしら」「どうして」「ということは」

身近なところであいづちのトレーニングができます
テレビのドラマやニュースを見ながら、あいづちをうってみます

またトーク番組では、出演者がどんなあいづちをうっているのかを注意して聞きます。
あいづちのボキャブラリーをふやしましょう。

MOK_ahirucyanhitorinohukyou-thumb-815xauto-13706
身近な人との会話を活用してみるのもいいでしょう
家族や親しい人と話すときに、意識してあいづちをうつようにします。
こうして、あいづちをうつ習慣を身につけましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!