「理解できる」女性を演じる♪


理解を示す言葉テクニック♪

男女問わず人間関係で落ち込むことは多いことです。
では、男性に向けての励ましの言葉はどのような言葉が有効なのでしょう。
実際、男性は誤解されやすい人が多いものです。

女性は、言葉や表情、態度を使って感情を表現します。
逆に男性は口下手、表現下手なものだからです

男性が人間関係でつまずいていて、その愚痴をこぼしたとします。
そんなとき「私はあなたのいいところをわかっています」というアピールをするのです

注意すべきなのは、「誤解されやすいのかも?」の後に出る言葉です。
だってほら、あなたって笑顔少ないでしょ?
このような具体的なマイナスの根拠を挙げてはいけません

「俺のどういうところが誤解されやすいのかな?」聞かれた場合。
曖昧にごまかすか、「やさしすぎるんじゃない?」。
「気を遣いすぎるんじゃない?」などという態度にしておきましょう。

PAK85_xvidman20141123104413_TP_V

相手の男性をよく知っているなら「まわりが見る目がないのかも」でもよいでしょう。
実は、これは、彼女とうまくいっていない男性にも利くテクニックです。

彼女とケンカした、という話を聞いたとき。
「彼女には○○さんの優しさが伝わっていないのかも?」のような言葉をかけてみましょう。
男性は、自分のことをわかってくれるのは、もしかしてこっちの女性?という気になります。

でも、そんなときでも、彼女の悪口を言ってはいけません。
彼女もあなたのことをわかろうとする余裕がないのかも」という言い方をするのです。
これだけでも、大きなポイントを稼げるのです

応用ワザで「誤解していました」というのも使えます。
「○○さんのこと誤解してました。『いい人』だと思ってたけど、ちょいワルなんですね」。
「仕事がデキるタイプかと思ってたけど、誇りをもって情熱的に取り組んでいるんですね」。

このように、一度下げておいてから持ち上げる
この心理的なコントラストの効果で、非常に心に響く言い方になります

SAYA160312440I9A3892_TP_V

親しくなってから、「こんないいところがあるんだね、知らなかった」というのもよいでしょう。
逆に、「あなたって意外にだらしないのね」など、マイナスの発見を指摘してしまいがちです。

親しくなるにつれ、言葉の気遣いを忘れがちになります。
態度で表す気遣いは、わかりやすいようでわかりにくい部分もあります。
とくに男性は、その点では鈍感とも言えるでしょう。

だからこそ、言葉が有効なのです。
男性は、女性が発する言葉に優しさや癒しを求めているものです

とくに、チャットレディにそれを求める会員様も多いのではないでしょうか。
演じるよりも、心から優しい言葉が出せる女性が理想ですね。
素のままで、「理解を示せる」チャットレディになりましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム