「お得な情報」をプレゼントする♪


雑談は「意味のある話」が大前提♪

友人のとの話題は盛り上がる。
なのにオフィシャルな場面だと何を話したらいいのかわからなくなる。
という人は多いのではないでしょうか。

雑談は、目的を持って話をしなくても本来は良いものです。
いろんなところに話が飛んでもOKなはずです。

しかしビジネスシーンでは、相手との距離を縮めます
そして、良い雰囲気をつくる下地として使われることがよくあります
なので、気遣いのない雑談は嫌われます。
286TSURUTAMA20211_TP_V

雑談の基本は、相手の話を聞くこと
人は話をしっかり聴いてもらうと、「尊重されている」という感覚になります
その人に好感を持ちやすくなります

とはいえ、相手の話を持っているだけでは、話が続かないことも多くあります。
自分から話を提供しなければならない場面もあるでしょう。
その際には、一方的な話では終わらないようにしましょう。

雑談は「相手のお得になる情報をプレゼントする機会」と捉えます
人は「意味のない話」を聞かれると疲れてしまいます。
ここで言う「意味」とは次のことです。

●情報性
●共感性
●意外性

情報性とは、相手にとってプラスになる情報であること
共感性とは、相手が話に入ってこられるような共感部分があることです
意外性とは、相手が食いつくように面白い内容であること

気遣いできる人は、相手に合わせて意味のある雑談のネタをいくつか用意しています。
雑談ネタは自己満足にならないように気をつけましょう。

相手が受け取ったときの反応を想像しながら考えます。
それは、「お土産」を選ぶ感覚にもよく似ています。
MIYA1105703_TP_V
何が好きだったかな、どんなものに興味があったかな、苦手なものは何だったかな。
どんなものなら喜んでくれるかな...。
など相手のことを考えながら話題を探してみましょう

「あのときの話」が次の雑談に繋がる

また、「何気ない会話を覚えている」というのも気遣いの達人が為す技です。
何気ない会話を覚えていてくれる気遣い
雑談の中に、次に繋がる話の種が隠れていることは多くあります

「〇〇さんはスポーツ好きだったなぁ」「洋服には拘りがあったなぁ」。
など、それを覚えておくことで、毎回の雑談に花が咲いていくのです。

プライベートでも、職場でも、相手との距離を縮めるために雑談は大きな力を発揮します
距離が縮まると、ちょっとしたことも相談しやすく、また声をかけてもらいやすくなります。

AL1024kyuntosuru20140830131941_TP_V
ミスなどを事前に防ぐことにも繋がります。
ぜひ雑談で、コミュニケーションの幅を広げてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム