「見た目」は美しさだけにあらず♪


「思いやり」の見た目♪

ルックスへの関心は永遠です。
見た目が及ぼす影響力の大きさに多くの人が気づき、それをより良くする。
そうすることで人生の活路が開けた人も少なくありません。

また、ビジュアルをひとつのコミュニケーションの手段として考えることができます
それは、欧米の企業の運営管理を見ても学ぶべきことがあります。

大きな企業にとってスポークスマンの見た目は年々重要になっています。
これは、もはや会社の戦略として考えなければならない領域になりました。
いわゆる、メディア戦略です
YUKA0I9A7452_TP_V
メディアは、どうせインタビューをするなら見た目のいい人にお願いしようとなるものです。
個人の発言力が大きな注目を集める時代だからこそ、ビジュアルの戦略は有効なのです
では、個人の視点で考えるとどうでしょう

見た目を気にするのは、モテたいから、おとなしく見られたいから。
カッコ良く見られたいから、賢く見られたいから、お金持ちに見られたいから..。
それこそいろんな動機があるでしょう。

どんなオシャレをしようとも、そこには一種のメッセージがあるはずです
でも、そのメッセージがちゃんと相手に届くか否かは、もうひとつの視点が必要です

それは、思いやりです。
意外に思うかもしれません。

自分さえ良ければいい」と自分の趣味を強力に周囲に押し付ける装い。
それでは、ビジュアルを有効に活用できているとは言えません。

009TSURUTAMA20211_TP_V
素敵なことに、私たち日本人には、昔から穏やかで暖かな【思いやり】があります
その表れとして、身支度を考える習慣があったように思います

例えばお茶会に呼ばれたとき。
指輪などをつけないのは、お茶碗を見るときに傷つけないようにする配慮です。
香水をつけないのはお茶の香りを邪魔しないための配慮です。

まさに、思いやりの装いといえるでしょう。
では、なんでも控えめにすればいいのかというと、それもどうかと思います。
折角の晴れやかな誘いに対して地味な装いで行くのは、相手の期待を裏切ることになります。

むしろ失礼な感じさえします。
そんなときには、ちゃんと華やかにしていくのが正解です。

私はあなたと素敵な時間を過ごすために、目一杯のおめかしをしてきました」。
これが自己満足の装いではなく、自分の気持ちを表す装いではないでしょうか

SINDOocya86d2_TP_V4
そんなときこそ、大人の女性として、本当の演出力が問われる瞬間のような気がします
TPOをしっかり把握して見た目に気を配る【思いやり】を心がけましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム