「聞き手に効果」を表すテクニック」♪


聞き手を退屈にさせない話し方♪

淀みなく、流暢に話すことを「立て板に水」といいます。
講演会などで、この「立て板に水」のごとく話す人の場合。
聴衆の半分は、下を向いているか、眠そうにしていて、中には熟睡している人も。

どこといって非の打ち所はない話し方。
それなのに聞いている側は、子守唄を聞くように気持ちよくなってしまう。
挙句の果てには眠くなってしまうようです。
AL0012-kaigicyuukokkuri20140722_TP_V
そこで、大勢の聴衆に限らず、聞き手の眠気を誘わない話し方をしましょう。
それには、次の方法を試してみてください。

●できるだけ大きい声で話す
●言葉は、ハキハキとと明確に話す
●強調したいところは、力を込める

●ときどき、数秒の「間」を取る
●メモしたことを棒読みにしない
●聞き手に質問を投げかける

そして、聞き手の「関心を高める」色は、ゴールドだと知っておきましょう。
ゴールドは、光が集まったようにまぶしい色です。
ゴールドを身に付けていると相手の眠気を吹き飛ばしてしまいます

ゴールドのアイシャドーと、ゴールドの入ったオレンジ色の口紅を塗りましょう。
輝きのあるオーラを放つメイクに仕上げます。

ゴールドの光の効果で、話をしっかりと聞いてもらえるはずです。
「立て板に水」にも変化をつけると、聴衆はみんな顔を上げて聞くようになります

AL0012-netesimattete20140722_TP_V

目配りをしながら話す♪

一対多数で話をしる機会があるとき。
参加者一人ひとりに丁寧に目配りすると、全員を惹きつけることができます

人は誰でも、物心つく頃から、「人に認められたい」。
という本能的な願望を潜在意的に持っています。
認められたい」とは、つまり、自分の存在を他人に認めてほしいということです

ですから、大勢を相手に話すときは、「その他大勢」。
という捉え方ではなく、参加者一人ひとりに語りかけるように、視線を合わせて話します
10人いれば、10人の存在を認める気持ちが聞き手に通じて、全員が注目してくれます。

全員に目配りするということは、特定の人を意識しません
全員に目配りをすることで、仲間はずれを生まれない不公平感が全員のやる気を起こします

人の注目を集めるのに大きな力になってくれるのは、赤茶です。
赤は「人を惹きつける」効果が抜群で、茶色は「安定」を表します。

DI_IMG_5738_TP_V
まさに赤茶は、注目を浴びたいときにうってつけの色なのです。
人前で話をする際に聞き手全員から注目してもらいたいとき。
赤茶の石のピアスなどを身につけましょう。

一人ひとりに注目すると、逆に全員から注目されます
眠気を誘わない会話、気配りの会話を心がけましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム