「外見の変化」を気軽に口にしない。


「あなた最近太ったんじゃない?」

久しぶりに会って、相手の外見的な変化に驚くことがあります。
太った、痩せた。
老けた、きれいになった。

会ったときの第一印象というのは挨拶代わりに口にしやすいものです
ですが、気軽に言ったひとことで相手を傷つけることがあります
N112_kanashiinamida_TP_V

「太ったんじゃない?」「まあ、前よりもふくよかになって」。
太ったことを気にしない人はあまりいません。
たいていの人がひどく気にしているものだと思います。

太りたくても太れなかった人なら、気にはしないでしょう。
しかし、やはりどんな年代の女性に対しても「太ったんじゃない?」というのは禁句

太るというのは単に運動不足や食べすぎだけが原因ではありません。
年齢とともに代謝が低下することもひとつの原因でもあります。
また、ストレスが原因ということもあります。

太りたくなければ、やはりそれなりの自衛策は必要です。
それでも太ってしまう。
そこがつらいところなのです。

そのつらさがあるうえに会った途端に「太ったんじゃないの?」。
という言葉をかけられたら、傷口に塩を塗り込まれるように感じるものだと思います

013KAZUKIHIRO171011_TP_V4

その人のことを考えているからこそ、出る言葉

ある女性が、久々にあった友達に、「久しぶり」と挨拶する前。
「〇〇さん、太ったんじゃない?」と言われることがあるそうです。
まさに、それがご挨拶。

まずは、その女性は挨拶代わりに太った理由を話さなければならないモードになります。
「ストレス太りなの」と、嫌味とも何とも言い難いことを言うハメになります。

太ったからといって彼女の魅力が半減したわけではありません
健康上、太りすぎは好ましくないので注意をしたほうがいいのは当然です。
ですが、太っていることは、決してみっともないということだけではありません

「太っている」という言葉は多少ネガティブな響きがあります。
それを「ふくよか」という言葉で表現すればどこか豊かな響きがあります
ふくよかという言葉に知的な心遣いを感じます

とくに接客業などの場合などでは言葉の遣い方は慎重でなければなりません
ふくよかなどの言葉は経験を積み上げていなければなかなか出る言葉ではないと思います。

太ったという言葉と共に、「痩せた」という言葉も禁句になる場合があります。
痩せるのもいろいろな理由が考えられるからです。

まず、ダイエットをしたということ。
痩せたその姿が健康的なのか、健康的でないかということにも注意を払うべきです。
smoothieIMGL4192_TP_V

ダイエットが成功して、肌の張りも保たれ、若々しくなった。
というのなら痩せたことを言ってもいいでしょう。
しかし、いかにも「ダイエットしたのね」というのも無粋です。

当人にしてみれば、一生懸命にダイエットしたことを知られるのも嫌だ。
というのが本音なのですから。

そんなときは、痩せたという言葉を使わないようにしましょう
「すっきりして、ますます素敵になった」という言葉を選ぶのがいいでしょう

smIMGL4157_TP_V
「痩せてきれいになった」という言葉の裏側が存在することがあります。
「太っていたときはルックスが衰えていた」というニュアンスにも聞こえます。

無防備に、考えもなしに見たままを言って相手を不快にさせます。
相手の外見に対する発言は、その人の感性が問われます。
なので、まずは相手を思いやる言葉を選びましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム