NGな言葉を知っておこう♪

言ってはいけない言葉使っていない?

スポーツやゲームは、勝つことを目的としています。

勝つために日々トレーニングを重ね、策略を練ります。

相手の弱点を知ったら、すかさずそこを攻撃します。

もちろん、「参加することに意義がある」というのも、嘘ではありません。

練習や作戦で身につけたものは、決してムダになりません。

その人のこれからの人生にも、大きな力となるでしょう。

それでもやはり、スポーツやゲームにおいては、「相手に勝つこと」。

それが最も大きな喜びをもたらすのです。

でも、好きな人との喧嘩では、はっきり白黒がつくまで戦ってはいけません。

腹が立って、この徹底的にやっつけてやれというとき。

ほんのわずかでも相手に逃げ道を残し、玉虫色の決着に持ち込んで下さい。

だからといって、派手な喧嘩はやめようと言っているのではありません。

たまには、たまりにたまった不満を吐き出してもいいのです。

ただし、これだけは言ってはいけないという事柄があります。

いくらエキサイトしたとします。

これを口に出してしまったら、二人の間には決定的なひびが入ることでしょう。

◎相手の生まれ育ちや学歴をけなすこと

生まれや育ちは、本人の意志ではどうにもなりません。

社会の中では学歴で判断されることが多すぎます。

このようなことをけなされると、相手は深く傷つきます。

いつまでも根にも持つことになります。

◎相手の肉親を悪く言うこと

自分の親兄弟の欠点は、誰よりも自分がよく知っています。

グチをこぼす程度なら、しかたがありません。

そんな場合でも、なるべくユーモアを忘れないようにしましょう。

◎収入や社会的地位をけなす

毎日真面目に働いている相手に、こんなことを口にしてはいけません。

誰だって、もっと給料が上がればいい、もっと出世したいと思っています。

最もいけないのは、誰かと比較することです。

男性は、プライドにとらわれている生き物です。

ですから、こんなことを言われると、大切なプライドが傷つきます。

◎「どうせ〇〇でしょ」「〇〇のくせに」という言葉

これは、相手のすべてを否定する強烈なフレーズです。

自分の感情を、こんな形でぶつけてしまったとします。

彼は「俺のことを、そんなふうに思っていたのか」。

「ずっと軽蔑していたんだな」と思ってしまいます。

二人のこれまでの積み重ねまでも台無しになってしまいます。

喧嘩をして、こちらが優勢だと思ったら、とことん相手を追い詰める。

そんなことはしないで、さっさと切り上げましょう。

何も、勝利宣言しなくてもいいのです。

それより、こちらが優勢で終わったとき。

二人でおいしいものを食べるなどして、早く平常の時間に戻しましょう。

喧嘩をコミュニケーションの手段にできる。

そういう人なら、彼とのいい関係を続けることができるでしょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!