相手に必ず好かれる「聞き方」♪

「心地よく」話してもらうポイント♪

相手が何かの発言をしているときは、褒めるチャンスです。

上手に話を聞きながら、適当なタイミングで褒める。

そうするには、どんなところに注意すればいいのでしょうか。

それは、「聞き方」をほんのちょっと工夫するだけでいいのです。

それだけで、相手を心地よくさせながら話を聞くことができるのです。

そのポイントを知っておきましょう。

☆常に「尊敬の念」をアピール

やや大げさに、感心しているポーズやシグナルを送りましょう。

そうすれば、相手はさらに自信を持つので、滑らかになります。

「尊敬の念」をアピールするときには、次のような言葉を参考にしてください。

「うわぁ、その視点は私に欠けていたなぁ」。

「なるほど、さすが〇〇さんですね」。

「いやぁ、とても感心しました」。

☆上手に質問をしていく

相手が話をしているとき。

さらにテーマを掘り下げていくような質問をするのが大切です。

こうやって合いの手を入れてあげないと、会話がストップしてしまいます。

注意しましょう。

「へぇ、面白い。もっとその先を教えてよ」。

「〇〇ってのは、どういうことなの?もっと詳しく教えてよ」。

「興味深いなぁ。ほかにも同じような話はないの?」。

☆相手の「感情語」に反応してあげる

相手の言葉の中には、「つらい」「うれしい」「悲しい」「くやしい」。

といった、感情が現れている単語やフレーズがあるのです。

そういう単語に気づいたら、その単語を反射するように繰り返してあげます。

「自分の話をしっかり聞いて貰っている」という気持ちになれます。

「それは、【くやしい」よね」。

「うん、それは【怒る】のが当然だよ」。

「それは【うれしい】ことだよね」。

☆批判せずに、最後まで聞く

聞くときのポイントは、自己主張をできるだけ抑えることです。

最後まで聞いてみないと、相手がどのように思っているのか。

その本音の部分はわかりません。

介入をしないというだけで、相手の話を尊重してあげていることが伝わります。

たとえ支離滅裂な話でも、じっくりと最後まで聞いてあげます。

すると、意味がわかることもよくあります。

「もう、わかった」は「わかりたくない」の意思表示だと相手は受け取ります。

絶対に、そんなことを言ってはいけません。

☆「よくわかるよ」「私もそう思うよ」「それは、もっともね」。

などのセリフを使いながら、相手の感情に対して共感性を示してください。

とはいえ、どうしても反論したい点があると思います。

沈黙することで、「賛成できない」ということを暗に伝えるのもいいでしょう。

以上が、人を喜ばせる聞き方のコツです。

当たり前のアドバイスばかりかと思うかもしれません。

その当たり前のことができないことが多いのです。

きちんと守るようにしたいものです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!