人は「楽しく話せる人」を好きになる♪

会話が盛り上がれば、人間関係も深まる♪

コミュニケーションとは、複数の人間が、感情.意思.情報。
それらなどを受け取り合うことだと言われてます。

相手にメッセージを発する、という意味では、外見や立ち居振る舞い
それもある意味コミュニケーション
つまり会話です
NKJ56_dateahiru_TP_V

言葉は、自分の気持ちをより具体的に表現できるものです。
さらに会話は、自分が言葉を発するのはもちろんです。

相手が伝えたいと思っていることも受け取るわけです。
ですから、一方通行ではありません。
相手があってこそ成り立つ、キャッチボールなのです

一方的な伝達と、会話は違います。
伝達は読んで字の如く、「伝える」ことが目的です。
しかし、会話は、人とのふれあいです。

お互いの思いや考え、あるいは持っている情報を伝え合う。
それが、双方の理解を深め合うのが会話なのです。
時間を忘れるほど盛り上がるようなら仲良くなった証拠です

気まずい沈黙が続く。
それは、相手が、あなたと過ごしている時間を楽しめていない可能性があるでしょう。

会話が楽しく盛り上がれば、信頼関係を築く大きな助けにもなります
会話上手を目指すということは、信頼してもらえる人を目指す、ということです

YUKA863_uresiina15202157_TP_V
とはいえ、「つまらないと思われたくない」「会話は苦手」。
「何を話せばいいのかわからない」「おもしろいことが言えない」。
と思う方もいるかもしれません。

でも、そんなに堅苦しく考えなくても大丈夫です。
ちょっとしたコツさえつかめば、「相手を楽しませ」「自分も楽しい」。
そして「信頼がより深まる」会話術をマスターできるのです。

会話中の【笑顔】と【よい姿勢】の効能♪

笑顔の人と無表情の人
自分のほうを向いている人と、そっぽを向いている人
あなたなら、どちらの人に話しかけたいと思うでしょうか。

また、どちらの人が、「自分の話を聞いてくれそう」。
あるいは「聞いてくれている」と思うのでしょうか。
当然、笑顔で、こっちを向いている人ですよね
smIMGL3885_TP_V

会話上手になる第一歩は、表情と姿勢
これだけで、話をしているときの印象はまったく異なります
まずは笑顔で、相手の目を見て話すことが大前提です。

笑顔は、「あなたといることが楽しい」「私はあなたに敵意はない.仲良くしたい」。
ということを伝えるサイン。
これは、どんなときでも大切な基本です。

姿勢は、「あなたの話に興味がある」ことを示す手段です
隣に座ったときなどは、つい首だけ相手のほうに向けて体はそのまま...。
となりがちです。

体も相手のほうに向けましょう
肩を少し開いて、おへそが相手に向くようにしてください

ちょっとやってみてください。
より集中して、相手の話が聞けるようになりませんか?

相手もきっと、「自分の話を真剣に聞こうとしてくれている」と感じたはずです。
ちょっとしたことですが、これだけで会話が弾み、信頼関係もより深まるのです。

逆に、やりがちなNG例のトップは、伏し目がちに話すこと
目を合わせないと、相手はあなたを信頼できません
暗い印象になりますし、姿勢が悪いと、声もボソボソになるものです。

また、頬づえをついたり、脚を組んでブラブラさせる癖がある人。
そういう人は、つまらなさそうに見えるので気をつけてください。

mamechi1110016_TP_V
慣れないうちは大変かもしれませんが、毎日意識していれば、自然にできるようになります。
まずはこの2点を完璧にすれば、会話上手への第一関門はクリアです。
笑顔と姿勢がOKなら、たいていの会話はうまくいきます

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!