「ことばのマナー」♪


魅力を倍化させる「ことばづかい」

人はよく「あの人のことばにトゲがある」と言います。
ことばにトゲがあるのではないのです。
それは話し手の心にトゲがあると考えるべきでしょう。

ことばは本来影も形も匂いもないものです
ですが、人の口を通して出てくるとき
あたたかみを感じさせたり、冷たさを感じさせたりします

ことばには温度がつきまとうのです。
それは、話し手自身の心の温度であると考えたらよいでしょう。

では、心さえあれば、どんなことばでもよいのか?
というと、実際の生活のなかでわかることですが、それだけで不十分です。

私たちは日本語という言語のなかで生きています。
なので、日本語の形式を期待しています。

習慣とはずれた極端なことばづかいに出会ったとき
私たちはとまどったり、違和感を感じたりします

YUKA150701098532_TP_V
男性は、美しい女性に対して、ひそかに美しいことばを期待しているものです
もし、その女性の口から、ぞんざいなことばが発せられたとします。
期待と現実との落差の大きさに、男性は愕然とするものです

磨きぬかれた個性的なことばづかい、あたたかい話し方に細心の気配りをしましょう。
洗練されたことばづかいは、あなたの魅力を倍加させることになります

hon

人間関係に調和をもたらす「敬語の使い方」

古い時代の道徳や倫理が否定されると共に、人の世に必要なマナーやエチケット。
それまで、いっしょに捨ててしまった人がいます。

マナーやエチケット
それはお互いの生活を快適にしていくために、守るべき最低のルールです
マナーは行儀作法であり、エチケットはその心です

ことばづかいも、その領域で通用するルールにしたがってなされていない。
すると、対話はギスギスしたものになってしまいます。

相手と自分、自分と話のなかに出てくる人との人間関係に応じる
その使い分けが大事になってくるのです

ひと言でいえば、人間関係の差をうずめられることば。
それを選ぶ必要があるということです。

そんな意味で、敬語の使い分けが大事になってくるのです
その差をうずめて話さないと、対話はかみ合わなくなります。
YUKI86_odoroitahyoujyou15112844_TP_V

敬語を調和語という人もいます
これが適切でないと、ハーモニーがくずされるわけです

話し手と聞き手との差の大きさによって、ことばを変える。
そうでないと調和が不十分なこともあります。

「します」よりも「いたします」、また、「きます」よりも「まいります」。
などと、相手によって敬体のレベルが違ってくることもあるのです。

ですから、話し方、ことばづかいは慎重でなければなりません。
このことを踏まえてチャットレディさんも接客の際は調和のとれた会話を心がけましょう


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム