「受け身」のメリット♪


相手の心をグッとつかむ「返し」♪

異性との交流が苦手、という人は「何を話したらいいかわからない」。
と口をそろえて言います。
だから、コンパなんかにでかけるのが苦手だと。

でも、それに参加する人は「今日は〇〇と〇〇を話す!」と思っているのか?
というと何も考えてはいないのです。

もっというなら、テレビや芸能ネタに弱い人も中にはいます。
では、どうして気楽に参加することができるのでしょう。

話はするものではなく、聞くものだから
という心構えで行くからです。
まず、この意識が大事です。

0i9a7278_tp_v
相手に気持ちよく話をしてもらえる状態になればいいのです
そのための外的要因が、この2つです。

☆相手の目を見て話をする
☆終始笑顔

にっこり微笑んでいる(愛想のいいウエイトレスを想像してください)
そして、ここからは交際中の2人にも通用する話です。

ネタに自信がないときの返事♪

先ほどの2つの他に、よく言われるのは「あいづちを打つこと」です。
これは、正しい意見なのですが、もっといい...という効果的な方法があります。

たとえば、芸能界ネタや、スポーツもダメという人がいます。
今サッカーがどうなっているとか、野球がどうの、という話もわからない。

でも、その話をする人は多いものです。
こういうとき、どうするのか。
dmFTHG7898_TP_V

「そういえば、サッカー、今どうなっているんだろうね?」。
(相手がサッカーを観ていることを前提で話をしています)

「あ、サッカー観てるんだ、ごめん、僕はサッカーあんまり観なくて...」。
「あ、そうなんだ。ごめんなさい」。
いや、いいよ。今どんな感じで盛り上がってるの?(笑)」。

「うん、今はね....」。
こんな感じです。

会話の苦手な人の特徴として、知らない話題を相手がふってきたときです
それを終わらせるクセがあるように思います。
ごめん、知らないんだよね」と。

相手の趣味や興味があることを自分が知らないこと
それは悪いことでも何でもありません

ここがポイントです。
逆に言うと、自分自身...あなたの趣味や興味があること。
それを、相手が全部知っているわけではありません。

たとえば、あなたがお笑いに興味があるとして、それを相手が知らないとします。
それでも、別に嫌な気分にはならないはずです。

150912275732_TP_V
「へぇ、そうなんだ!今って、どんな人が出てるの?」と聞かれる。
「あ、〇〇とか、〇〇とか、知らないか?よくCMに出てるんだけど」。

このように、会話が盛り上がるでしょう。
聞き上手とは「相手の話題を芋づる式に、引っ張り出してあげること」なのです


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム