「知性」から「ユーモア」が生まれる♪


ユーモアセンスを磨こう♪

この数年「お笑いブーム」が続いています。
最近では、クイズ番組も歌番組も激減し、芸人さんの出演するバラエティが主流。
でも、期待を裏切ることのない「ユーモア」は、わたしたちに笑いを届けてくれます。

対話力」や「アドリブの能力」の真髄が発揮されるのが、ジョークやユーモアです。
たとえば、アメリカなどでは、政治家がスピーチや記者会見をする場合。
気の利いたジョークを散りばめておかないと、「無能な人」の烙印を押されてしまいます。

そこで語られるジョークの質によって、その人の知性や指導力が判断されるのです。
もちろん、気の利いたジョークが求められるのは一般人も同じです。

日本の社会では、場をわきまえるという考え方の文化が根強くあります。
政治家が記者会見でジョークを言おうものなら、恰好の餌食にされてしまいます。

しかし、いつも真面目な上司が、時にジョークを交えた訓辞を述べたならば。
最初はどん引きしても、それが1日の仕事の緊張感をほぐしてくれるきっかけにもなるのです。
明るく活気のある会社には、笑いがたえません

ユーモアやジョークとは、決してふざけたものばかりではありません。
多くの人が知ってるように、場を和ませる力があります。
チャットレディのお仕事にもユーモアセンスが会話には必要なテクニックになります。

気の利いたジョークを交わすことは、脳を柔軟に保つための最適なトレーニングになります
いつでも臨機応変に対応して、絶妙な文句で切り返す。
あらかじめ用意していたジョークは、ほとんど役に立ちません。

ユーモアセンスは一朝一夕に磨かれるものではありません。
大切なのは「相手の話をしっかり聞くこと」。
相手の話をちゃんと聞いていれば、臨機応変に対応することができます

「あのジョークを話そう」という意識ばかりとらわれすぎた場合。
切り出すタイミングを間違えて、なんとも「間の悪い人」になってしまいます。
テレビを観る機会があるならば、人気の司会者をチェックしてみてください。

彼らのほとんどは「話す」ことより「聞く」ことに集中しています。
そして絶妙なタイミングで、ひと言ジョークを差し挟む。
これが、知性あふれた会話の醍醐味です。

ジョークは質よりタイミングです。
ぜひ相手の話に耳を傾けて、そのタイミングを知りましょう。
もちろん、相手の状況判断も観察することも大切です。

0I9A359315032141ushishi_TP_V

「あの子と話しをしたら嫌なことも吹っ飛んだ!」と言われるのは嬉しい言葉です。
ストレスの多い社会で闘う男性たちをユーモアで癒してあげましょう。
それもまた、チャットレディの大切なお仕事です♪
TSU856_komattaraitudemooide_TP_V


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム