「見守る優しさ」も必要♪


彼の世界をそっと見守る♪

人にはそれぞれ、自分の世界というものがあります。
男性は、女性以上に自分の世界を大切にしていることが多いといえます

たとえば、仕事にかなりの情熱を傾ける男性がいます。
ですが、そういうタイプの人は、何を差し置いても仕事のことを第一に考えています。
shinbunGFVL9617_TP_V

「どうしたら出世できるか」「どうしたら仕事の成績を上げられるか」。
というようなことがいつも頭の片隅にあります。
なので、仕事をしているときは、彼女のことを考えているゆとりはありません。

当然、仕事のために費やす時間が長いのです
そのため、その分彼女と過ごす時間が少なくなってしまうことがあります

また趣味を生きがいにしている男性は、仕事や彼女とのデート以外の時間。
趣味に熱中したいと考えています。

ときには、休日も趣味の時間を使いたいため、デートを断られることもあります。
デートしている最中も、趣味の話を延々と聞かされることもあるでしょう。
N811_sunahamawoarukusafa-_TP_V

このような男性と付き合うと、つい「彼は私より仕事のほうが大切なの?」
「私といるより趣味の時間のほうが楽しいのね」と不満に思ってしまいがちです。

しかし、彼が、恋人との時間を大切にしようと努力している様子が見える
そうであるならば大目に見てあげましょう

そして、「彼には彼の世界がある」とそっと見守ってあげてほしいのです。
そもそも、男性と女性では、恋愛に臨むスタンスが違うのです

女性は、好きな人と付き合い始めたら、それまでの生活を一変させます。
そして、彼との時間を優先することが自然にできます。
ですが、男性は、彼女ができても、それまでの生活を変えられないのです

彼は結婚しても仕事を辞めるわけにはいきません。
一生、続けなくてはいけないのです。
同様に、趣味も変えたくないのです

ですから、そういう男性との違いに、腹を立てても意味がありません。
間違っても、彼が仕事に没頭していたら、「私のために仕事は休んで」。
と一方的に要求したりする。

また、趣味を楽しんでいる彼を見て、「私のことを置き去りにして平気なのね」。
と嫌味をいったりするのはやめましょう。

SAYA16031118IMG_9857_TP_V
仕事に疲れ切ったり、趣味を思う存分満喫したら男性は戻ってきます。
都合が良すぎると感じるかもしれません。
でも、どうしても彼が好きだと思うのなら少し様子をみましょう。

いつまで経っても仕事や趣味に没頭しているのなら、諦める準備をしたほうがいいかもしれません。
もしくは、あなた自信の世界というのも見つけるのも手ではないでしょうか


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム