「コミュニケーション力」を付ける技♪


会話は、言葉のダンス♪

大阪では、ティッシュを配っている人にも、きっちり話しかけます。
「ティッシュどうぞ」と言われたら、「もう1個もろうていい?」
「お姉ちゃんの分とお兄ちゃんの分と弟の分。ありがとう」と言うのです。

東京の人は、ティッシュを配っている人に「ありがとう」を言いません。
「もらってやる」という意味です。
これは会話として最低です。

相手は、機械ではなく、人間です。
ティッシュを配っている人を見たら、わざわざよけて通ります。
これは言葉以前の問題です。

tsuchimoto0I9A6488_TP_V
会話は心の状態です
美容院で「おかゆいところはありませんか」と聞かれます。
ここで言葉を返す人は、東京で50人中2人、大阪では27人です。

大阪の人のほうが頭がそれだけかゆい。
大阪の人のシャンプーの仕方が下手だというわけではありません。

コミュニケーションを大切にしているのです
言ってもらったことを置いてきぼりにしてはいけないのです

東京の人は「平気です」と言います。
「おかゆいところはありませんか」と言われたことに対し。
「ハイ」と言って返事をしたつもりになっています。

「ハイ」は返事ではありません。
そこにもうひと言加わって、初めて会話になります

「ハイ」「イイエ」で終わってはいけないのです
「別に」「特に」も会話になっていません。

kesyouIMGL9303_TP_V
「おかゆいところはありませんか」は、返すのがむずかしい言葉です。
それにいかに返していくかということなのです。
「ハイ」だけで、終わらせないようにしましょう。

電信柱にも、挨拶する♪

エレベーターに乗った時に、何かひと言話せるトレーニングをしておく
すると会話力はケタはずれに上がります

ただし、「エレベーターでひと言」というのは、まったく知らない人同士でのことです。
どちらかというと、知っている人とはあまりワーワー盛り上がらないほうがいいのです。

マンションや会社のビルで「こんにちは」「寒いですね」「おやすみなさい」。
このように言えたら、そこからもう一歩進んでいきます。
BL001-nankainishimasu20140810_TP_V

ほとんどの人は「こんにちは」も言いません。
会話のスタートラインは「こんにちは」です
「こんにちは」でとどまる人はいないのです。

①「こんにちは」にプラスアルファがある人
②「こんにちは」も言わない人
の2通りに分かれるのです。

目が悪くて、知っている人に合っても気づかない人がいます。
この人は会話力が発達します。
知っている人を無視してしまって、「あの子は愛想が悪い」と言われます。

それを改めて、電信柱にも挨拶したら、「あの子はなかなか愛想がいい」。
と言われるようになりました。
電信柱にどれだけ挨拶ができるかです

人間だから会話する、人間でなければ会話しないということではありません
電信柱でも木でもいいのです。
木のさわり場所もいろいろあります。

さわるところもみんな違います。
どこをさわってあげたら一番心地いいのだろうと考えます。
kannyou

さわり方にも一瞬の呼吸があるのです。
人と人との会話以前に、無生物との会話があります。

①無生物と会話のできる人
②人がいてもうつむいてしまう人
に分かれるのです。

電信柱に挨拶する...?なんてと思うかもしれません。
コミュニケーション力を高める訓練にもなります。

散歩している犬でもいいのです。
色々なものに話しかけてみましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム