相手の「心をつかむ」しぐさ♪


姿勢で「心の傾き」を表す♪

私たちにとって「ありがたい人」とはどういう人でしょう。
有名な人でも、お金を持っている人でも、話が面白い人でもありません。
親身になって、自分の話を聴いてくれる人ではないでしょうか

「真剣に聴く」には、相手に向かってからだを傾けます
自分の耳が相手に近づくようにし、姿勢から気持ちをつくります

この姿勢をとり、相手に近づくことで、自分の視野を狭くします。
自分の耳に集中することができます。
と同時に、その姿は頭を傾げた百合のように美しく、可憐に見えるのです。

ここで重要なのが、相手との「パーソナルスペース」です
パーソナルスペースとは、だいたい片手をのばした距離ぐらいの範囲といえます。
それが互いに緊張しない距離なのです。

TAKEBEIMGL3590_TP_V
相手からそれより内側に入ってこられる。
すると、「自分のプライベートな部分に入ってこられた!」。
という意識に変わります。

相手の話をよく聴くときは、自分の耳を相手に寄せます
相手のパーソナルスペースを侵害するほどの距離をとることで、親密度が増します
「ほんとに耳を寄せるだけで、聴くことに集中できるの?」と疑問に思うかもしれません。

ですが、試験を受けたときのことを思い出してください。
ゆったり顔を上げて構えていてもよいのに、テスト用紙にかみつくほど顔を近づける。
こんなことがありませんでしたか?

それは他のことに気が散らないようにするためです。
忙しくても、菩薩のように穏やかな表情で話を聴けば、優しい雰囲気が相手に伝わります
150912325991_TP_V

両手をそろえる効果♪

何かをお願いするときに、話の途中で「合掌」、いわゆる「いのり」のしぐさ。
それを入れると、品格のある美しい女性に見えます。

手を重ねている姿は、万人の心を落ち着かせることができるからです
「いのり」のしぐさは、いのる対象や意味が違っても、西洋から東洋。
そこにまで共通する「自分と対話する」行為です。

私たちは、ナイフとフォーク、お茶碗にお箸。
右手と左手をいつもバラバラに、ひっきりなしに動かしています。

その手の作業を強制的にやめさせ、さらに思考をストップさせる。
そのために、「合掌」という手を合わせる動作を生み出したようです。
また、自分の気持ちを落ち着けたいときにも、このしぐさは使えます

150912235990-thumb-815xauto-19289
大勢の前でスピーチをするときから一対一のとき。
会話中、どこにはさんでもよいのです。

手は、胸の前あたりで合わせると、いっそうエレガンスです
ぜひ試してみてください♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム