「生きた会話」で親しくなる♪


10秒秒で親しくなれる会話♪

売れっ子ホステスやホストは、会った瞬間。
よく知っている間柄のような空気を出してしまうのがすごくうまいのです。

「お馴染みのお客様なんだな」と思っていたら、じつは初対面だったり!
この武器を手に入れるための、三つの法則があります。

1.親しくなると(当然ですが)個人情報の質問をしない
2.親しくなるとお互いをではなく、一緒になにかを見る時間が増える

3.親密感ただよう「生きた会話」にもっとも必要なもの、それは観察力
この法則を使えば、初対面でも10秒で親しい雰囲気になることもできます
具体的な例をあげてみます。

「暗いけど大丈夫でした♪最近この辺ぶっそうですよね」。
ニュース見ながら「これおいしそうですね♪」。
顔を見て「息切れてるけど走ってきました?(笑)」。

このように、「今のこと」を話題にします
名前や職業なんて知らなくても、初対面なのにいきなり親密感が出てしまうのです。
男性といるときも、会話の内容だけではなく、相手の様子を観察してみましょう

smIMGL4099_TP_V
となりの女子会集団をチラチラを見ていたりしている。
または、携帯を気にしているのに気づくかもしれません。

そうしたら「女の子って、なんであんなに声でっかいんだろうねぇ」。
「あれ、今日何か予定あるの?」と声かけることができます。
そうすると彼は息を吹き返したようにこう言うはずです。

「ほんとうるさくて、さっきからムカついてたんだよ」。
「そろそろ仕事の電話がくるんだ、来たら10分くらい席はずしてもいい?」。
などと、答える、「生きた会話」がはじまることがよくあります。
SEP_329915201730_TP_V

初対面の会話はふつう、名前は?どこに住んでる?仕事は何?
休みの日何してる?お酒飲む?音楽何聴く?などを質問しあって共通点を見つけ出す
そこから話題を広げていって盛り上がって仲良くなる、という手順をふみますよね。

だけどデータに頼りすぎると、アンケート調査のような「死んだ会話」になることも
男性との親密感を生むには、データ収集から広げる会話だけではありません。

「目の前の彼」「今のこの状況」
それを観察することによって生まれる「生きた会話」もマストなのです

見えている部分に会話のヒントが隠されています。
それを見逃すことなく、さりげなく相手を観察しましょう。

0i9a7278_tp_v
生きた会話」をする。
それは相手にまた会いたいという気持ちを抱かさせるのです。
チャットレディのお仕事には有利な会話テクニックですね


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム