「話し方」を変えてみませんか!?


「おもてなし」の心で会話する♪

これまでの話し方、その習慣を捨ててみませんか?
それでは、実際にどのような話し方をすればよいのでしょ。
忘れてはいけないことは、決して話の「内容」で相手を判断するわけではないということです。

どんなに知的なことを話しても、どんなに高尚な哲学語を語っとしても。
あるいはどんなに完璧な敬語を使っても、それはあくまで二の次。

大切なのは話し方であり、話すときの「態度」です。
そして、あなたが信頼できる人物であることをもっとも雄弁に示してくれる。
それが「まず相手を優先する」という態度になります。

わたしたちは「自分に興味を持ってくれる人」にしか、心を開くことが出来ません。
相手が自分に興味を持ってくれてこそ、始めてその人に好意を持てるのです。

たとえば会話の時、相手の話を聞こうともせず、自分のことばかり話す人。
一緒にいて、一番おもしろくないタイプかもしれません。
殆どの人は不愉快な思いをされるはずです。

こういうタイプの人は、いつも相手をないがしろにしています
「わたしを見て!」「わたしの話を聞いて!」と自分の要求だけを優先にしています。

相手を優先して話をする」「聞き役に徹する
これらのことは、一流のホステスさんが実践していることです。

生存競争が厳しい世界で生き残っていく女性たち、すべてが美人とは限りません。
しかし、立ち振る舞い、表情を美しくする努力を欠かしません。
そして、しっかりとした「話し方」を身に付けているのです。

初めて来店した男性に対していきなり「お仕事なんですか?」と本題に入ったりしません。
相手の持ち物などをチェックして会話の流れをつくっていくのです。

あくまでも相手のことを優先し、相手に対して興味を抱くのです。
自分の話は聞かれるまで口にしません

ポイントは「ホスピタリティ」の気持ち、つまり「おもてなし」の気持ちです。
誰と話すときでも、どんな短い会話でも、相手を「おもてなし」するような気持ちで接する。
それさえ頭に入っていれば、自然と相手を優先することが出来ます。

あなたが話をする相手は、誰もがあなたの世界に来て下さった「お客様」。
あなたと過ごすささやかなひとときが気持ちのいいものであるために。
心を込めて「おもてなし」するようにしましょう。

一時、流行ったこの言葉。
でも、忘れかけてた言葉でもありましたね。

「おもてなし」の言葉はかたっ苦しいイメージがありますが、忘れてはいけない心です。
日常に中でも、この心を大切に出来る自分を目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム