「ハモり」の会話術♪


りんごのひとかじり♪

相手に興味を持たす心理学で、このような話があります。
?美味しそうなりんごをたらふく食べる
その後に「もうひとつ、いかが?」と差し出される。

?美味しそうなりんごを、ほんのひと口だけ食べる
その後に「もうひと口、食べる?」と差し出される。

もうひとかじりのりんご
?と?のどちらのとき、あなたはより「りんごを食べたい」と思いますか。
たぶん、?を選んだのではないでしょうか。
PED_teninosetaringo-thumb-autox1000-13286

りんごのひとかじり」というのは、りんごをひちくちだけかじる。
すると、次のひと口ががたまらなく欲しくなる、という心理です。
いわゆる獲得欲求の刺激方法のひとつです。

これをコミュニケーションに置き換えてみます。
相手が知りたいこと、欲している情報に対して、多くを語りすぎないこと
情報を小出しにする、ということになるのです。

興味がある相手には、自分のことをわかってもらいたい!
という衝動に駆られるのです。
このような自分の中にある欲求に負けて話しすぎると、相手はお腹いっぱいになってしまいます。

たとえば、プライベートはどこで遊ぶの?という質問。
これに対して「買い物はお気に入りのショップ、夜は数件行きつけの場所があるの
とくにお気に入りのショップには月数回行くの。そして...

このように会話を広げてしまったらNGです。
それよりも、「買い物が多いかな。○○さんは、なにをされてるんことが多いですか?
このように、質問で返すのが、上手な会話のテクニックです。

そして、相手の答えから内容を広げ、お互いの共通点を見つけてハモる
これができれば文句なしの満点です。

よけいなことはいわない」ということが重要になるのです。
基本的に男性相手のお仕事では、多くを話さないほうが好ましいといわれてます。
0I9A360615032159naisyo2_TP_V

お客様といかに多くのコミュニケーションをとれるか必要です。
また、たくさん会話ができるかが、好まれるということにはとても大切です。

しかし、お客様のほうが話を聞きすぎてお腹いっぱい状態になった場合。
「ふーん。そうなんだ...終了」となってしまいます。

自分の話したい欲求に流されないように、りんごのひとかじりを実践する
できるだけ男性に話させて、上手にハモる
これができれば、男性から見たあなたは自然にミステリアスな女性に写るでしょう。

なぜなら、共通点もあって話も盛り上がるし、楽しい会話で楽しい時間を過ごしている。
なのに、相手はあなたのことを知らないままなのですから。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム