「倍返し」の法則で、相手に9割喋らせる


「そうですね」+「それで?」で会話は弾む

主にチャットレディの会話術について今までブログを書いてきましたが、
そもそも会話の主導権は「話し手」にあると思いますか?
それとも「聞き手」にあると思いますか?

例えばお客さんとの会話で、

相手「出かけるのが面倒だから、家に居たいよね?。」
自分「そうですよね?。」
相手「(無言)・・・・」
自分「(無言)・・・・」

このような状況はないでしょうか?

この会話において問題があるのはどちらでしょう。
実はこの状況は、聞き手である自分側の返答が良くないのです。
「そうですよね?。」としか答えていなく、これだけの返答ですと
話がそこで終わってしまうのです。

そこで話を広げるためのコツは、ズバリ「1問2答」することです。

相手「そうですよね。〇〇さんは家に居る時って、なにしてるんですか??

このように、相手の話に対して、1問2答すると、会話はグンと広がりやすくなります。

まず、「そうですよね。」と同意を表しておき、
さらに「それで、〇〇について、あなたはどうなんですか?」と聞き返す。

これをワンセットにして”倍返し”することによって
簡単に話をつなぎ、広げることが出来ます。

この場合、「出かけるのが面倒だから、家に居たいよね?。」という一見後ろ向きで
広がりにくそうな発言も
「じゃあその家に居る時間は何をしているのか」と呼び水になる一言をかけるだけで、
そこから相手が自分の趣味を語り始めるきっかけづくりが出来ます。

相手の話には「ツッコミどころ」が満載

初対面のお客さんが自分に話しかけてくる言葉の中には、相手の考え方、趣味嗜好など
「ツッコミどころ」が満載です。
そこに注目するだけで、簡単に会話は盛り上がります。

そのキーワードを察知し、簡単な質問をすることで、自分が殆ど喋らなくても
主導権を握りつつ会話をスムーズに運ぶことが出来ます。

つまり、自分1割、相手9割という楽な会話が成立するのです。

例えば、

「昨日は寒かったんで、夜は家族で鍋をつつきましたよ」

と言ってきたとします。

こんな短い文章の中にも「ツッコミどころ」は満載で、
ここでは「寒かった」「家族」「鍋」の3つのキーワードが上げられます。

キーワード あなたの返答
「寒かった」 「そうですね。寒かったですね。この寒さってさらに続くんですかね?」
「家族」 「いいですね、家族団らんで。お子さんいらっしゃるんでしたっけ?」
「鍋」 「いいですね、鍋美味しいですよね。何鍋ですか?」

このように「ツッコミどころ」を探しつつ、倍返しの法則を使えば、
会話は自然に盛り上がるはずです。

  • 「1問2答」を心掛けてチャットにのぞんでみよう

ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム