「愛される女性」になる会話のコツ♪


相手がいわれたくないことを察する

言わぬが花」ということわざがあります。
何でもかんでも露骨にものをいうよりも、口に出さないほうがかえっていい。
余計なことはいわないほうがいい、という意味で使われます。

この「言わぬが花」を心がけると、恋愛運がよくなります。
たとえば、人には誰でも「触れられたくないこと」があります
001KZ17922photo_TP_V4

「両親と折り合いが悪い」。
という人は、家族の話はしたくないと思うものです。

「高校のときに嫌な思い出がある」。
という人は、学生時代の話題は避けたいと考えるでしょう。

なぜなら、その話をするたびに、イヤな思い出がよみがえってきてしまいます。
結果、気持ちが落ち込んでしまいます。

会話をするときは、相手が触れられたくないことを察する思いやりを持ちましょう
とはいえ、実際に「察する」のは、意外と難しいものです。

「その話題はちょっと...」。
といってくれる人だったら、さらりと話題を変えれば問題はありません。
しかし、かなり親しい人でないと、そうハッキリといってはくれないでしょう。

たいていは、触れられたくないことなのに、我慢して聞いています。
ですから適当に話を合わせる、という態度を取るはずです。
だからこそ、話題によって、相手の反応をよくよく観察することが重要になってきます

004KZ1868_TP_V
ある女性は、彼だけでなく、会社にいる男性たちからもとても好かれているのです。
なぜなら、彼女と話すと楽しくて、仕事のストレスも吹き飛んでしまうからだそうです。
その秘訣を彼女はこんなふうにいっています。

その人が、みんなでいるとき、他の人と話をしている様子を観察しています」。
「表情や口調で、その人がどんな話題は避けたいかが、何となくわかるんです」。

私はその人と話すときに、触れられたくないはずの話題は出さないようにしています」。
このような、ちょっとした気遣いが、彼女の恋愛運を後押ししているのです。

男性へのお説教は逆効果になる

人は、誰でも「認められたい」という気持ちを持っています。
ですが多くの男性は特に「女性によく見られたい」という気持ちが強いようです。

「僕は車が好きなんだ。休日になると、運転して自然を見に行くんだ」。
「僕は英語が話せるんだ。海外に住んでいる時期が長かったからね」。
このように、自分のこだわりや自慢できることを熱く語る男性を見たことがあると思います。

彼らは「カッコイイ自分」を女性にアピールしたいのです
そんなプライドの高い男性に、してはいけないことがあります。
それは「お説教」です。

女性としては、「こうすれば、あなたはもっとよくなるのに」。
という思いがあるから、お説教をしたくなるのでしょう。
ですが、その愛情は逆効果になってしまいます。

pak93_heyadehitoribocchi20140322_tp_v
お説教された男性は「彼女からバカにされた」
と感じて、プライドがひどく傷つくのです

どんなに正しいことをいっても、言い方次第で、相手を傷つけてしまうことがあります。
ですから、男性への「お説教」は逆効果になると、心得ておきましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム