服の乱れは「伝える前に」行動する♪

言葉の使い分けを知る♪

服装の乱れを目にしたとき、あなたは直してあげますか?

乱れといっても大げさのものではありません。

シャツの衿の内側についているタグが、表に出ていたり。

ジャケットの衿が中途半端に立っていたり。

服にごみがついていたり。

そういった細々した乱れには、本人は意外に気づきません。

本人の目に入らないからでしょう。

そんな時、あなたならどうしますか?

いちいち言葉で教えますか?

それも親切には違いないのですが、できたら何も言わずに直してあげましょう。

スマートなやり方に相手は喜ぶはずです。

言葉より先に手が出る。

そんなあなたは相手の心をしっかりつかめます。

相手としては、言葉で言われるよりもずっといいからです。

言葉で言われるのは、自分のミスを指摘されたようでいい気分がしません。

言った方は親切のつもりでも、相手がそうは受け取らない場合があります。

だから、言葉での指摘は時として誤解を招くこともあるのです。

言葉で言ってもいいのは、行為が伴う時だけです。

「あっ、ごみが...」と言いながら、あなたの手が相手の服の肩に伸びる。

それなら問題ありません。

口で言うだけだと、相手が不快になる時もあります。

相手に恥をかかせることにもなるでしょう。

服装の乱れのケースは、むしろ言葉だけでは逆効果という実例です。

口は災いのもと。

そんな言い方もあるくらいです。

他に人がいる場所では、何も言わずにごみを取ってあげる。

それが一番いいと思います。

あなたが思っている以上に神経質な人がいるものです。

そういう人は言葉で指摘されると、とても気にしてしまいます。

自分はなんてみっともないことをしたんだろう。

そう思います。

指摘したあなたは何とも思っていないのに、相手はとてつもない失敗をした。

と考えるのです。

人は一人ひとり性格が違う点に注意しましょう。

あなたにとってはたいしたことではないこと。

それが、相手にとってはたいしたことかもしれません。

そこまで想像できたなら、相手のハートをしっかりつかんで離さないでしょう。

あなたの手を使うのは直接相手に触れる行為を伴います。

相手はあなたの存在を以前よりも身近に感じます。

一緒にご飯を食べるなどと同じで、親しみの表現に似ています。

精神的な距離と物理的な距離は、どうやら正比例するようです。

男女の関係ばかりではなく、一般的な人間関係にもそれが言えるのです。

逆の言い方をすると、あなたが相手の人との間に距離を感じていたとします。

そうならば、自然と手が伸びません。

そして、言葉だけを使います。

相手に対する遠慮ではなく、距離を置きたいという意思表示なのです。

あるいは、警戒心もあるかもしれません。

相手との間に目に見えない壁のようなものを設けているのです。

用心深い人もそうしがちです。

ですが、あまりに警戒しすぎると相手から嫌われます。

言葉で言わないと伝わらない感情もあります。

言葉だけでは足りない気持ちの表現もあります。

言葉よりも行為の方が効果的な時もあります。

それぞれを使い分ける必要があります。

つまりワンパターンでは駄目だということを知っておきましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!