心のツボをつく方法♪

「うなずき」「あいづち」の大切さ♪

知り合ったばかりの人と話をするとき。

相手が自分を気に入ってくれるかどうかが気になるものです。

「相手が楽しいと思う話題は何だろう?」

「自分のことばかりしゃべってしまった」

「相手は不満に思っているかも」

相手のことをよく知らないだけに、会話を楽しんでくれているか?

それを気にしすぎて、話が途切れてしまうことがよくあります。

会話をするときに、どんな表情を見せるか。

それで、相手が受けるイメージは変わってきます。

はじめてのデートのときなどは、誰でも緊張します。

そのため、なかなか自分のよさをアピールすることはできないものです。

とくにシャイな人の場合「緊張のあまり、怒ったような顔をしてしまった」

「相手と目が合うと、恥ずかしくて目をそらしてしまう」

このように、相手に誤解されるような態度をとってしまう場合もあります。

会話をするときの表情やしぐさは、ある程度経験を積むことで養われます。

シャイな人は、社交的な人より多少苦労するかもしれません。

感じよく振る舞えるかどうかは、場数を踏めば、自然に慣れてくるものです。

相手の目を見ることができない...。

という人は、無理に相手の目を見ようとするのはやめましょう。

不自然に見つめてしまい、相手に気味悪く思われてしまうこともあります。

ですから、はじめは比較的簡単な「相手の話にうなずく」。

ということから始めてみてはどうでしょうか。

相手が話をしているときに「私はあなたの話をちゃんと聞いています」。

という意思表示の「うなずき」を入れましょう。

すると、相手に好印象を与えることができます。

「この人は自分の話をきちんと聞いてくれている」。

と思わせることができた。

そうなら、多少、話しているときの表情が硬くても、いいのです。

相手は「この人は誠実な人だ」「自分の話をきちんと聞いてくれる」。

と好感を持つものです。

人は言葉に頼らなくても、ある程度コミュニケーションをとることができる。

と言われています。

もっとも、よく使われるのものはボディ.ランゲージです。

これは、手や足の動き、顔の表情、姿勢、しぐさ。

身振りなどによって、お互いの気持ちを理解し合う方法です。

うまく真意が伝わらないこともあります。

ですが、それはそれで楽しいものです。

相手が自分に好意を持っているかどうか。

それは、言葉がなくても分かるものです。

まずは、相手が話しているとき。

ゆっくりとうなずくだけでもかまいません。

そして、少し気持ちの余裕ができたら、面白い話に楽しそうに笑う。

「へえ」「すごいわ」「そうなんだ」。

などと、話に反応するだけでも、相手は好印象を持ってくれます。

最初からジョークを飛ばしたり、珍しい話題で場を盛り上げる。

そんなことをしなくてもいいのです。

自分を分かってもらいたい、受け入れてもらいたい。

という気持ちは、誰もが持っています。

しかし、「私が、私が」とアピールしてばかりしてしまう。

すると、推しつけがましい印象を与えてしまいます。

シャイな人は焦って相手に急接近しようとしないことです。

できることからゆっくり始めてみましょう。

そうすれば、自然にその好意は伝わります。

「この人といるとなぜか落ち着くな」という印象を与えることができるのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!