労いの言葉の深さを知ろう♪

「お疲れ様」は関係を円滑にする♪

相手との関係を円滑にするための言葉があります。

とんでもないです。

恐れ入ります。

ご迷惑おかけします。

ご無沙汰しています。

これらの表現は、相手への気遣いを表すものです。

決まり切った文句じゃないかと軽視する人もいます。

それが使い古された言葉かもしれません。

言われないよりは言われた方が相手の気持ちがなごみます。

昔から使われているのには、ちゃんと理由があります。

他の言葉で上手く言い表せないからです。

そんな表現の一つに「お疲れ様」というのがあります。

この表現は使っている人にとっては当たり前です。

ですが、そうでない人にとっては珍しいものです。

そう言うのがどこか恥ずかしい人もいるでしょう。

言い慣れない人にとっては、とても古くさい表現のように思えるからです。

あるいは、年をとった人が使う言葉だと感じる人もいるかもしれません。

「お疲れ様」が自然に出て来る人。

そういう人は、周りの人達が皆そう言っている環境にいる人です。

職についている人は、スタッフの間で「お疲れ様」をよく使います。

労いの意味もあります。

それと仕事が終わったのだという締めくくりの意味もあります。

よくあるのは、デスクの女性が外回りの男性から連絡が入った時。

「お疲れ様」と言うケースです。

この場合は締めくくりの意味ではなく、労いの意味です。

また、もっと違う使い方もあります。

仕事を終えた後で、あなたが誰か親しい人に会ったとします。

そんな時にも、「お疲れ様」は使えます。

「今日も一日お疲れ様」

そう言って相手の疲れを癒します。

文字通り相手の疲れを労うのです。

元気いっぱいの相手にだって「お疲れ様」と言います。

何故なら、「お疲れ様」には、挨拶に近いニュアンスがあるからです。

意味を厳密に考え過ぎないことです。

そうでないと、口からすらすらと出て来ません。

言葉の使い方の下手な人は、こんな言い方をしたら相手は...と。

神経質に考えます。

「お疲れ様」と言われる側にとって大切なこと。

それは言葉の意味ではなくそう言ってくれる相手の気持ちです。

相手の優しい声です。

そんな風に言葉をかけてくれたことが重要なのです。

言葉の持つ意味は二の次となります。

だからこそ、それがいくら使い古された表現でも、相手は気にしないのです。

「お疲れ様」と言われた側は、それにいちいち答えません。

相手の気持ちが分かればそれで充分だからです。

反対に「お疲れ様」を言う人も、相手に答えを求めはしません。

自分が相手にそう言いたいだけです。

そして、気持ちが相手に通じていると承知しています。

言葉とは不思議なものです。

一方では、その意味が重要視されます。

ですが、「お疲れ様」のように意味よりも気持ち。

声の調子の方が大切なものもあります。

それが分かれば、コミュニケーションがうまく取れるのです。

形式的な挨拶も本当はそうでないと気づくには、時間がかかるかもしれません。

早い人も遅い人もいます。

どちらにしても気づいた方が人と良い関係を作りやすくなるのは確かです。

何気なく使っている言葉にも意味があります。

声を掛け合う、挨拶をする行為がコミュニケーションの入り口になるのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!