不安にさせない接し方♪

自分の心得を作る♪

「大切な人にうまく接することができない」。

「それどころか、かえって相手を怒らせてしまうんです」。

「私は人間関係が下手なんです」。

そういう人達が多くいるのは、確かな事実でしょう。

人に接する時の上手い下手というのは、いわゆる技術とは違います。

練習したから上手くなるものではありません。

では、どうすれば上手くなるのでしょうか?

それには、心の持ち方を変えるのです。

どうやったら変わるのか?

マニュアルをつくることです。

いきなりマニュアルと言われたら「技術とは違うんでしょう?」。

と思うかもしれません。

マニュアルと技術とは違うものです。

技術を英語に直すとテクニックです。

マニュアルではありません。

ある店の接客マニュアルを引用してみましょう。

チャットレディのお仕事にも役立つので覚えておきましょう。

「お客様に不快な思いをさせない」

「お客様に恥をかかせない」

「お客様を不安にさせない」

どれもが納得できるものばかりです。

この三つは心得です。

心得とは、何かをする前に知っておかなければならないことです。

技術とは全く別のことです。

マニュアル通りにしか行動できない人。

そういう人をマニュアル人間と揶揄する人もいるでしょう。

しかし、マニュアルがなかったら、どうなっていたでしょうか?

マニュアルがあるからこそ、トラブルが起こらないで済みます。

なかったら大変なことになります。

店に入っていって、店の人に「いらっしゃいませ、こんにちは」。

と言われるのが当然と思っています。

マニュアルがなければ、何も言われず、不愛想な顔をされるかもしれません。

誰にも教わらなくても心得のある人もいます。

教わらなければ心得が分からない人もいます。

人と接するのが下手な人は、その心得が分からないのです。

お客様に対する心得は、そのまま大切な相手に通用します。

「相手に不快な思いをさせない」

「相手に恥をかかせない」

「相手を不安にさせない」

どうですか、ぴったり当てはまるでしょう。

相手に不快な思いをさせないことはいっぱいあります。

それはあなた自身で考え笑顔で接する。

素早い応対をすることです。

相手に恥をかかせないためにすることもいろいろあります。

気にしていることに触れない。

相手を立てる。

相手のペースに合わせるなど、いくらでも考えつくはずです。

相手を不安にさせないためには、自分の失敗を話す。

結論を早く出す。

相手を笑わせる。

相手のことをちゃんと考えていれば、あなたは無意識に不快な思いをさせない。

恥をかかせない、不安にさせないようにしているはずです。

「人間関係下手」な人に共通なのは、自分がそうされたらどう思うか。

という点に関して想像力不足です。

自分が嫌なことは相手だって嫌なのです。

そのところが、上手く想像できないのです。

それが原因で相手に恥をかかせたり不安にさせたりするのです。

人間関係を上手く保つためには、人と接する前に心得を書きだしましょう。

たとえば、相手に対して先入観を持たないということでもいいのです。

「この人は自分より若そうだから、きっとものを知らないだろう」。

などと思い込むのは、相手に失礼です。

会って話してみなければわからない、と思うようにすればいいのです。

この他にも心得はたくさんあります。

あなたが大切だと思うポイントは別にあるのですから。

心得さえちゃんと分かっていれば、後はいくらでも工夫できます。

それが本来あなたにある知恵なのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!