どんな場所でも「女を生かす」♪

「女であること」を生かして仕事を楽しむ♪

仕事をする女性にとっては、働きやすい環境。
その中で自分の能力を思う存分に発揮できること、これが理想です。
けれどもまだまだ男性優位社会です。

女性であることで、悔しい思いをする場面も少なからずあるかもしれません。
現実と理想とは違い、仕事や人間関係で様々なストレスを感じる。
そんなことも少なくないでしょう。
IMARIC20160805310323_TP_V

そうした中でいかにタフに毎日を過ごし、働きやすい環境を手に入れていくか
それも、大人の女性として身につけておきたい術です

もしも今、働きにくいと感じているなら、その働きにくさを変えていく。
そんな努力も大切ではないでしょうか。

たとえば、自分の考え方を少し改善してみるだけで、職場の環境が変わることがあります。
世の中には随分と男女平等という考え方が定着してきました。

だからといって仕事の場であまりにガチガチに男女平等を貫く。
すると、かえって働きにくさが募っていくようにも感じます。

もちろん、仕事では「女性だから」という甘えは許されません。
そこに甘えず、自分の能力で仕事をこなして認められていくこと
それが大人の女性としての働き方だと思います

とはいえ、必要以上に肩肘を張り、女性らしさまで否定してしまうことがあります。
「職場では女性らしさを隠して男っぽく振る舞うほうがいい」。
と考えていたら、それは少し違います。

むしろ女性であることを生かして、女性ならではのよさをさりげなく出していく
そのほうが、はるかにスムーズに働ける場合も多いのです
AL101_natuin0320140830001_TP_V

日々の仕事の中には、適性ということから考えたとき。
女性のほうがより向いているものもあります。

たとえばお茶くみはどうでしょう?
今やお茶くみと言うと不平等の代表のような響きになっています。
でも、女性らしさや気遣いを表せる場面です

疲れていませんか?どうぞ一服してください」。
という細やかな心遣いができることは、女性ならではの特性のひとつです

上司として部下を抱える立場であっても、部下にも上司にも快くお茶を入れてあげる余裕。
それは失わない、そんな女性でありたいものですし、そうした女性はじつにスマートです。

手入れの行き届いた美しい指を見てもらいながら、おいしいお茶の一杯も入れてあげましょう
女性が女性として扱われる心地よさを知っている人。
そんな人は、男女平等に目くじらを立ててことさら声高に叫ぶことはしないものです。

男性にも、女性にも、それぞれに適性がありそれをお互いに認めながら仕事をしていく。
その方が、仕事がよりスムーズに、楽しくなることを知っているからです。

男性にはない、女性の美しさ、しなやかさを仕事の場面に摂り入れていくこと
それは、決して男女平等に反することはありません

AL003-sashidasaretaocya20140722_TP_V
男性では真似のできない女性ならではの感性や能力を、仕事に生かしていきましょう。
女性であることを楽しみながら仕事をしていく
これも大人の女性のひとつの知恵です

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!