メイクアップで気分もアップ♪

ファンデーション段階でメイクは決まる♪

女の子は小さな頃から、お母さんのメイク道具に興味を持ったもでは?

こっそりファンデーションを付けた記憶はないでしょうか。

メイクすることで大人になった気分になったのではないでしょうか。

それも大人になりメイクが自由にできるようになった今。

あなたはメイクとどう向き合っているでしょうか。

いつの間にか日課になってしまったメイクが手抜きなっていないでしょうか。

実際、朝起きてスッピンのままでいるとき。

気分も身体も一歩を踏み出していない、なんだか無防備な感じがします。

それが洗面所に行き、冷たい水や化粧水によってかなり意識も覚醒します。

ファンデーションあたりまでくるとしっかり「今日も始まるぞ」。

という気分になっているのです。

やはり、メイクの出来は七〇%以上がファンデーション段階で決まるそうです。

夜更かししたり飲み過ぎたり、あるいはストレスといったもの。

それがファンデーションのノリの悪さで暴露されてしまった。

などという経験は女性なら誰でも一度ならずあるでしょう。

「昨夜そうとう遅くまで仕事してた?」と言われるほどの肌の状態。

丁寧な下地作りで、透明感がよみがえってくるから不思議です。

そのコツをお伝えしましょう。

コツその➀

コントロールベースを少量ずつていねいにぼかしていきます。

肌のトーンを均一にします。

その➁

肌の色に合ったファンデーションを(やや少なめの量)で、スポンジ。

または中指をつかって叩き込むようにします。

その➂

スティック状のコンシーラの色はファンデーションより一段明るめのものを。

そばかすやシミなどの補正、Tゾーンのハイライトなどにつかいましょう。

コツその➃

仕上げのパウダーは粒子の細かいものを。

パフについた余分な手の甲の中で堕としてからです。

メイクのプロの考えとしては、スキンケアに時間をかける。

そしてお金も、それから愛情もかけてあげる。

それがモットーだそうです。

ファンデーションはよれたまま。

なのに、時間がないからといい加減にスポンジで伸ばす。

口紅も小さなファンデーションの蓋についている鏡を覗いてさっさとすませる。

これではメイクアップにも気分アップにもなりません。

ここでも「あと五分」の時間の余裕がいかに大切か。

ということがよく分かると思います。

お洒落をしていても肌はカサカサ潤いがなければ若さは激減です。

肌に良いと言われることを取り入れてみましょう。

充分な睡眠、バランスのとれた食事...etc。

毎日のスキンケアそれに加え。

シャドウや口紅を変えてみたりするのもいいでしょう。

女性だけに与えられたメイクという特権を楽しみましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!