「第一印象」の分析♪

知っているようで知らない印象♪

初対面の人に会うときには、誰でも緊張します。

「どんな人かしら」「気に入られるようにしなきゃ」。

などと、気を遣うものです。

たとえば、誰かを紹介してもらうとき。

相手がどんな人か分からないため、紹介してくれた人の話を聞くと思います。

そこから、どんなタイプなのかあれこれ想像するでしょう。

友達から、その相手が一流企業、眼鏡をかけていて、趣味は読書。

と、聞けば「物静かで知的」「クール」「真面目な神経質」。

などといった印象を持つかもしれません。

もしくは、「彼は海の近くで育ったのに、魚嫌いなんですって」。

という情報を聞かされたとします。

そうすると、「魚が嫌い」という一つの情報から、「偏食家なんだ」。

「強情でわがままな人かも」というように、「魚が嫌い」。

という好ましくない情報が一人歩きして、想像が膨らんでしまうのです。

このように、相手をよく知らないときに得た情報。

それが、その人を評価する上で大きな影響を及ぼすことになります。

それを、心理学では「初頭効果」というそうです。

最初に与えられる情報がいかにその人に対するイメージを決定的するか。

それを実験して証明しているのです。

そして、イメージが作られた後で入ってくる情報。

それは、はじめに抱いたイメージに合うものは素直に受け入れられます。

ですが、合わないものはイメージに合うように勝手に解釈されます。

それが最初のイメージに組み入れられてしまう、と考察したのです。

この「初頭効果」の理論すを証明するため。

二つの集団に、「ある人はこういう性格です」。

と六つの性格特性を聞かせました。

それによって人が相手にどんなイメージを抱くかを実験しました。

Aの集団には、「知的」「真面目」「懐疑的」「強情」「嫉妬深い」

という順序で六つの性格を聞かせました。

Bの集団には、同じ性格特性を、「嫉妬深い」「強情」「懐疑的」。

「真面目」「知的」というように逆に順序で聞かせたのです。

Aの集団のほうは、好ましい性格で聞かされています。

なので、「この人は良い性格なのかも」と思っています。

すると、悪い性格が出てきます。

Bの集団のほうは、好ましくない性格の順番に聞かされています。

「この人は嫌な人なのかも」と思っていると、良い性格が出てきます。

もし、順序を考慮しなければ、二つの集団は、まったく同じ。

という性格特性を聞かされているのです。

ですから、最終的にAもBも、その人の性格はほぼ同じ。

というイメージを持つはずです。

ところが実研の結果、Aの集団のほうは、その人を総体的には「いい人」。

と評価し、Bの集団は、「嫌な人」だと評価したのです。

この実験から分かるように、初対面の人に対して自己アピールするとき。

「初頭効果」が大きな影響を及ぼします。

ですから、相手に良い印象を与えるためには、最初の言葉が大切になるのです。

最初に使われた言葉は、全体的なイメージを方向づける働きをします。

後から使われる言葉に合わせて解釈されてしまいます。

最初に「この人はやさしくていい人だ」。

と聞くと、その人を良い人だと最後まで思う傾向が強くなります。

逆に最初に「優柔不断で男らしくない」。

と聞いてしまうと、最後までそのイメージが付いてまわります。

あとで挽回するのは難しくなります。

初対面の人に会うときには、自分がこう思われたい。

という性格を前面に出してアピールしてみましょう。

相手はいつまでもそのイメージを持ち続けます。

「明るい人」と思われたいとします。

そうであれば、多少の不満には目をつぶり、いつもニコニコ笑顔を見せる。

相手は「よく笑う明るい人」というイメージを持ち続けてくれるでしょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!