会話は「世代」を超えて♪


「世代を選ばない」会話は人に好かれる♪

友達との会話は上手なのだけれど、年上の人との会話はいまひとつ....。
このような人たちが結講多いものです。

打ち解けた世間話的な会話と、ビジネス的な会話の違い。
様々に原因はあるでしょう。

近い年代の人だと会話を進めることができる。
これに対し、年が大きく離れた人が相手になると、会話が続けられなくなります

ビジネスマナーに問題がある
自分と近い人でないと心が開けない
年上の男性へのギャップへの偏見

これらのことは大きな問題ではありません。
世代に応じた話し方」が重要になります。
もっと上を言えば「異なる世代の心をつかむ話し方」のスキルがないというだけのことです

一方、年代問わずに、上手に会話を繰り広げる人もいます。
そのような人たちは、相手の年齢や世代に応じて、さっと話し方、話題の選び方
そして、リアクション等を変えることができるのです。

neiru

「実際はここまでの人はいないけれども、それに近いものがある」。
そういうNG例を示してみます。
すべて、20代世代の人が、60代の人を相手にしていると想像してみてください。

NG例
「○○さんはLINEとかやらないいですか?すごく便利ですよ」
「○○さんって、私からするとお父さんみたいなんですよね」

「ポケベルが重宝した時代があったとか?私はスマホ世代なんで考えられないです」
「○○さんて、もしかしてバブル世代ですか!(笑)」

心を開いて打ち解けている、本音で語っていると好意的とらわれなくもありません。
しかし、人によっては「失礼だ」「私をバカにしている」
「あーあ、若い人から見ると私はもう老人なのかな」などと受け止めるでしょう。

このような、会話において注意すべきことがあります。
ちょっとした言葉遣いや話の内容における「世代別効果」を考慮することが大切です
midori

OK例
「○○さん、どうしたら仕事とプライベートの両立できるんですか?」
「コツって何かあるんですか?」

「ポケベルって、暗号を覚えなきゃいけないいんですよね。私には使いこなせないです」
「○○さんは旅行好きって言われてましたよね。どこがいちばんおすすめですか?」

このように、「こういう世代の人だったら」「こういう人生経験を積んだ人なら」
どんな話題だったら、楽しく話してもらえるかな?
と、ちょっとでもいいので考えてみるのです。

たとえば、相手が大きく年上の人だとします。
その世代に人気があったであろう何かがある。

若い頃の輝かしい話とか、年を重ねたからこそわかった人生訓。
どういう話が好ましいか、ちょっと想像すればわかるはずです

kannyou

相手が年下だとします。
「LINE超便利だよね!スタンプ集めるの超楽しいよね!」。
そこに、無理を感じられたなら、ただイタイ人になるだけです。

今、○○さんたちの間で流行っていることは何かあるの?
と、いうように普通に、その世代が楽しく話せる話題を選べばいいでしょう

チャットレディがお相手する会員様の世代もさまざまです。
会話の中から、ヒントを拾えるようになれば、幅広い世代に愛されるのではないでしょうか♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム