「言葉」ひとつで男性に喜びを♪


「すごい!」という言葉の効果♪

相手を無条件に喜ばせる言葉があります。
すごい!これです。
「こんな軽率な言葉で、本当に効き目があるの?」と思うかもしれません。

すごい!というのは、頭で考えて判断して結果の言葉ではありません。
ただ、感じたままを発した言葉だからこそ、いいのです

いい女は、心が敏感で感じやすいのです。
何かを見たり聞いたりしたときに、すぐ感じるのです。
その瞬間に「すごい!」と言葉にすると、心が敏感で感じやすい女性をアピールできます。

すごい!と言うと、相手は「え、何が?と聞いてくるでしょう。
その場合はとにかくなんでもいいので、その理由を伝えましょう。
それだけで絶大な効果があるはずです

たとえば、目が合ったとき
「すごい!」「え、何が?」「そんなふうに見つめられてドキッとしちゃった」

たとえば、趣味の話しを聞いたとき
「すごい!」「え、何が?」「なんでもできそうに見えたけど本当だったんだ」

たとえば、こだわりを聞いたとき
「すごい!」「え、何が?」「見た感じで信念を持っていそうだったから」

こんな感じなら、すぐに使えそうだと思いませんか。
別に、説得力のある理由をきちんと伝えられなくてもいいのです。

「すごい!」「え、何が?」「よくわからなけど、カッコよかった」
こんな感じでもいいのです。

男性は女性に、評論家になってもらうことを求めていません。
いつも応援団でいてほしいのです

評論家は常に正確な分析を心がけます。
たとえひいきにしている作家でも、たまに駄作を出すときもあります。

「いつもの深みが感じられない」というようなことを書きます。
これが仕事ですから当然です。

応援団は違います。
たとえ調子の悪いときでも、絶えず味方でいます。
「昨日負けたから、今日は相手チームを応援する」ということはしません。

あなたも常にお客様の応援団になりましょう。
反射的に「すごい!」と口にし、首尾一貫してお客様の味方でいましょう。

ただし、テクニックとして口先だけで言うのは間違いです。
自分の中から思わず出てくる「すごい!」でなければ、効果は半滅します

そのためにも、普段から「彼はすごい人だ」というイメージを自分の中に持つことが必要です。
さあ、今日から「お客様のすごいところ探し」を始めてみましょう。

日常の中でも異性に関わらず応用できますね。
でも、親しい間柄だと「茶化してる?」と疑問を抱かれるかもしれません。
そこは、付き合い方の度合いによって使いこなすことをオススメします♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム