「気配り.気遣い」の正しい伝え方♪


「好かれたい」という気持ちは慎重に♪

他人に対して気配りがある、こまやかな気遣いをする。
これは女性として最高の魅力です。

素直に相手の心地よさを尊重して気遣いをするのはいいことです。
しかし、自分が嫌われたくない、という動機で人に気を遣うと誤解されることもあります。

「こんなことしたら軽蔑されないだろうか」。
「あんなことしたら嫌われないだろうか」。
このように人の顔色ばかりうかがっているようでは、良い人間関係をつくることは難しくなります

「自己保身のため」という気持ちで気遣いをする人がいます。
「私を嫌わないでね」「私を軽蔑しないでね」「私の存在を無視しないでね」。
これは、相手に圧力をかけることになります。

期待ばかり大きくなり、相手が自分の期待に十分応えてくれない。
すると、密かに腹を立ててしまいます。

しかも、腹を立てている本人はバレていないと思っているものです。
じつはその気持ちはしっかりと周りの人に気づかれているものです。

150912435755-thumb-815xauto-19282

「彼女は親切なんだけど、親切にされるたびに見返りを期待される気がして気が重い」。
「恩着せがましい感じがする」などと思われてしまうのです。

私自信が楽しくやったことが、結果として周囲も楽しませることになった」。
という純粋な動機による行動が望ましい姿です
これが本当の気遣いや親切と言えます

ただ、「思いやり」と、この「あやふやな親切」は、判別がむずかしいものです。
どちらもほとんど無意識に行うことなので、当人でさえ取り違えることが多々あります。

人当りが良く、誰にも親切で、みんなに好かれていると思えるのに、友達に恵まれない。
なかなか恋人ができない人。
そういう人は、見返りを求めて親切にしていると誤解されていることが多いのです。

他人が気に入るように、他人の機嫌をそこねないように、ということを第一に考えて行動する。
すると、それなりに「いい子」のお墨付きはもらえます。

そして、むげにみんなから疎外されことはありません。
しかし、嫌われなくても、好かれることはないのです。
ここが重要なポイントです。

敏感な人は、そういう相手の不快感を感じ取って、ますますご機嫌を取ろうとします。
でも、前よりもっと、期待を込めてご機嫌を取りがちです。
このようなタイプの人は、異性に対しても同様の心理が働いていることが多いものです。

相手が喜んでくれれば自分もうれしいと思って気を遣う
それならば、思いやりや優しさとして伝わります
真心で接したら、相手も真心で返してきます

ありがとう

男女間に限らず、日常社会でも些細な誤解も生まれやすいものです。
普段から、「気遣い.気配り」を素直にできることが理想です。

「好まれる」ということにあまり執着せずに素直な気持ちで接する...。
自然体で会員様に心地良さを提供できるチャットレディを目指しましょう♪


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム