”母性”で惹き寄せる


”母性”を発揮してみる!!

女性の「母性な愛情」は端的に言って、「近寄りたい」という行動に結びつきます。
なぜなら、母親は距離的に子供に近寄らないと世話が出来ないからです。

ただ、女性が気をつけなければいけないこと。
この母性的な感性が「支配」的な願望と裏表一体ということです。
男は、母性的な愛情は必要ですが、その裏にある支配には恐怖します。

男性に人気のアニメ「○○○のジョー」「○○○ーマスク」は主人公が「孤児」ものが多いです。
なぜなら、男は誰しも、少年時代に「勉強しなさい、外食を控えなさい」「早く寝なさい」
口うるさく干渉してくる母親にうんざりしています。

そして、目の前の母親は本当の母親ではなく、実は僕は孤児かもしれないと夢想します。
ある日、本当の母親とどこかで出会い、そこで享受するであろうと感動的で甘美な愛情に馳せるのです。

実際に母親が居ないのは困ります。
時々孤児になりたいという「母親支配」から逃走する「孤児願望」がアニメの人気を支えています。

女性たちは、付き合ってる男性の家にやって来て、家事をすることで愛情表現をします。
しかしこれは、男性たちの孤児願望が求める母性的な愛情表現とはズレがあります。

母性をくすぐる表現とは?

お客様との会話でお仕事で疲れてる時にかけてあげる言葉を何個かご紹介します。

「出来るだけ話を聞いてあげたいな」
「私なんかに話して気が休まるならたくさん話して?」
「あのドリンクは効き目があるようだからよかったら飲んでみて」

それを聞いた男性は、貴方の言葉や姿とで、現実との間に甘美な優しさを思い浮かべます。
これが男の理想的な「孤児がえり」です。
「彼女に、又会いたい」と猛烈に思うのです。

女性は身体性を重視します。
女性が「近寄って世話をしたい」というのは女性の身体性を重視する特有の現われで自然なこと。
しかし男性は、離れてから初めて距離が近いことのありがたさを感じるのです。

女性がこの男の孤児願望を知っていれば、近そうで遠い距離をつくりだす。
そのことによって、かえって男性に近づくことができるようになるのです。
”母性”=安らぎや安心感ですね。

ちょっと難しく例をあげましたが、当たり前のことですね。
優しく接する事で、安心してまた会いたいと思ってくれるのではないでしょうか?
貴方も「また、来るね」とお客様に言われたら嬉しいですよね。

もしかしたら、チャットレディのお仕事を難しいと考えてる方も居るかもしれませんが、貴方の優しさや魅力、そして安心感を与える女性の武器”母性”をお客様に提供し顧客を増やす事が成功の道です。


ご応募はこちら 応募、ご質問は24時間受付中! お気軽にお問い合わせください♪

  • お電話はこちら

    0120-993-639

  • メールはこちら

    cho5@ezweb.ne.jp

  • お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

  • ラインからもOK!

    ID:123456

    QRコード

  • 0120-993-639
  • ID:123456
  • お問い合わせフォーム