「清潔」という雰囲気が大切♪

「清潔感」で勝負♪

「実際に清潔である」ことと「清潔感」はまるで別物です。
たとえば一日くらいお風呂に入っていなくても、「清潔感のある美女」。
それは「実際に清潔な普通の女性」より、何倍も好感度が高いものです。

「清潔感」は、その人が自分をどう扱っているかが客観的にわかるバロメーターです。
「清潔感」も「美人度」も、「雰囲気」がキモです
とくに見た目の面積が広い「髪」「肌」「衣類」が持つ、「清潔感」です
kesyouIMGL9356_TP_V

髪は、毛先がパサついてまとまっていない感じだととても粗雑で汚らしく映ります
肌は、乾燥しすぎていたり、荒れてケバ立っていたり、肌色にムラがあると不潔に見えます
そして、衣類の毛玉やケバ立ち、色あせ、シワ、部屋干しのイヤな臭いなどもNGです

とくに服は、いくら値段が高いものでも、毛玉とケバ立ちがある。
すると大変みすぼらしく見えてしまいます。

高価でもケバ立った服を着るくらいなら、安くてもシミになりにくい物。
きれいな布の服を着たほうが「清潔感」が出ます。
衣類は、いかに生地を傷ませないで着続けるか、ポイントです

「ちょっとしたシミ」「ちょっとした毛玉」「ちょっとしたほつれ」。
「ちょっとしたシワ」をなくしていくほどに、「清潔感=美しい雰囲気」がアップします。
お肌や髪にも同じことがいえます。

何より、そういう「清潔感のある美しい服」に身を包んでいるときの自分。
それは、より気持ちがよく、より心強く、本当の意味での「ありのまま」を楽しめます。

自分の「ちょっとしたこと」に手をかけるだけで、「日常」が常に特別なモノとなります
その延長上に本当の「非日常」を呼び込むようになるのです

MIZUHODSC_0298_TP_V4
よく「太っている人は不潔に見える」と言う人がいます。
でも、一概にはそうとは言えないと思います。

太っていても、ツルッとスベスベの美しい肌をしている人が意外に多いものです。
ヘアセットもキマっていて、そして洋服もちゃんと「キレイ」にしています。

清潔感」という美しさは、見るものの視界から清らかにします
その人自身のよさをますます際立たせます。
「清潔感」のある女性は、とてもよくモテます

でも、心や身体が疲れているとき。
「憂鬱」になって、お部屋も自分もきれいにしてあげられる気分になれませんよね。

そんなときは、「今日はスイッチオフ!だらしない自分として過ごそう」
という一日にしてもいいのです

kawamura1030IMGL3923_TP_V
たっぷりと「だめタイム」を満喫したら、きっと「美女タイム」も恋しくなります。
それが、女性というものなのです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!