札幌でチャットレディのお仕事中にお酒って飲む事ある?~飲みたい人・飲みたくない人~

こんにちは!ちょこ札幌事務所スタッフです。

札幌でチャットレディとして活躍する皆さん、お仕事中にちょっとしたリラックスタイムはいかがでしょうか?私たちの間では、お仕事中にお酒を楽しむ文化があります。でも、お酒に対する考え方は人それぞれ。今日は、チャットレディとしてお酒を飲むことのメリットとデメリット、飲みたい人も飲みたくない人もいる理由についてお話ししたいと思います。さあ、私たちの楽しいお仕事ライフにお酒はどう絡むのでしょうか?

ちなみに、チャットレディのお仕事自体は、「会わない飲まない触られない」と言われるように、強制でお酒を飲まされる事はありません。ご心配なさらないでくださいね。

チャット上での対話

チャットレディは風俗などとは異なり、直接的な接客ではなく、画面を通して接客します。画面越しだからこそのコミュニケーション術が求められる仕事でもあります。対面である接客は、飲酒を伴う場合もありますが、チャットレディはお酒を要する場面は存在しません。

風俗嬢であれば、お客さんの隣に座ってお酒を注いで盛り上げる、などお酒の力を借りて楽しませる演出などが挙げられますが、チャットレディは会話でお客さんを楽しませることが主流です。

又、対面ではない為、相手が飲酒している状態なのか、そしてチャットレディが飲酒しているか等も誤魔化せたりするので実際のところはわかりません。画面外は死角になるので、互いの状況が見え隠れするのがチャット上の利点でもあり、難点でもあります。

風俗での飲酒

風俗やキャバクラであれば、お客さんからお酒を勧められたり、売上や常連獲得のために飲むということがあります。あくまでも、自分の成績や目的ありきの飲酒なので仕事の一貫としてお酒は付き物と捉える人も多いでしょう。

又、お酒を通して生まれるお客さんとのコミュニケーションもありきなのでお酒で頑張る風俗嬢は多いのです。

チャットレディでの飲酒~お酒を飲む理由

札幌でチャットレディとして働く私たちにとって、お仕事中のちょっとしたお酒は、日々の楽しみの一つです。なぜお酒を飲むのかと言うと、それはリラックス効果が大きいから。お酒を少し飲むことで、緊張がほぐれ、より自然体でお客様との会話を楽しめるようになります。また、お酒が少し入ることで、会話が弾み、クリエイティビティが増すと感じるチャットレディも多いんです。しかし、この習慣は個人の判断に委ねられており、自己管理が非常に重要になります。お仕事中のお酒は、私たちのパフォーマンスを向上させるためのスパイス。でも、その量とタイミングを見極めることが、プロフェッショナルとしての大切なポイントになってくるんですよ。

チャットレディの飲酒は、代理店やサイトによりますが、厳禁ではありません。飲酒は自由な事が多いです。しかし、対面ではないため、制限をかけられない環境下にないことは心得ておく必要があります。飲酒の目的や経緯も人により様々。

ここでは、チャットレディの飲酒における様々なケースをご紹介します。

・緊張緩和のため

人との会話がとても苦手。初対面のお客さんと会話することへの抵抗や、極度の緊張強いというチャットレディも。お酒の力を借りないとうまく話せない…緊張で吃ってしまう…など。

チャット前にお酒を飲んでほろ酔い状態であれば、会話がスムーズになるから飲む、など緊張を緩和させることにお酒を利用するケースも。

・お酒を楽しむ

お酒が大好きで、飲酒が日常化しているチャットレディ。そんな人は、むしろお酒とチャットを融合させて楽しんでチャットをしている、というケースも。飲めない人には、チャットレディは飲まなくても稼げる仕事としてとても利点ですが、飲酒は自由なので飲んでも問題はありません。

・飲みチャット

お酒が好きなチャットレディには、飲みチャットをオススメします。お客さんの中には、お酒好きなお客さんもいるので、お客さんと一緒にお酒を楽しんでみてはいかがでしょうか?お客さんも、好きなことを共有できるので、楽しさも二倍。飲めるチャットレディであれば、会話が弾むこと間違いなし!
お酒は、各自持ち込み自由です。好きな銘柄の会話などの共通項からお客さんとの距離を縮めちゃいましょう!

飲みたくない人の理由

お酒を飲みたくないチャットレディもいます。その理由は様々ですが、主にプロフェッショナリズムを保ちたい、健康を第一に考えている、または仕事に集中したいという考えがあります。お酒を避けることで、クリアな思考を維持し、お客様とのコミュニケーションを最大限に活かすことができます。また、健康面での懸念や、お酒によるネガティブな影響を避けたいという意識も強いです。このように、お酒を飲まない選択をするチャットレディは、自己管理と自己規律を重んじ、そのプロフェッショナルな姿勢を仕事に反映させています。

飲酒での失態

ここまで、飲酒制限の旨をご紹介してきましたが、中には飲酒が招いた失態談も。

・泥酔チャット

お酒が大好きなチャットレディ。ベロベロになるまでお酒を進めてしまい、気付くと呂律が回らないほど泥酔状態に。チャット中にもかかわらず、お客さんの前で理性を失ってしまったのです。そして、その後画面から一旦消えて、別室で爆睡。お客さんはムリして飲むチャットレディの姿に愛おしさを覚えたものの…やはり迷惑をかけるほどの飲酒は禁物です。

・アダルトでの違反

お酒が進むと人は大胆になるもので、調子良くお酒を飲み進めていたチャットレディが気づいたら全裸に。普段は、あまり大胆なパフォーマンスはしていないというが、お酒の力は多大。脱いでしまっていたのです。理性もハッキリしていたので、下半身はしっかりとカメラを外し守っていたといいます。しかし、酔いが回ってくると、判断力や体勢が不安定に。体勢を崩したとたん、下半身の写ってはいけない部分にカメラが…というケースが。

違反をしてしまうと、強制退会にもつながってしまいます。仕事を失うリスクも伴うので、自分の許容範囲を超えた飲酒は禁物です。

「ちょこ札幌」からのアドバイス

「ちょこ札幌」から皆さんへ、お酒を飲むかどうかは、あなた自身の判断で大丈夫です。重要なのは、自分自身の健康とお仕事への影響を常に考えること。初心者の方は、特に通勤チャットレディをお勧めします。オフィスで働くことで、お酒の摂取を控えめにしやすく、プロのスタッフから直接アドバイスを受ける機会も多くなります。自分に合った働き方を見つけ、健康と仕事のバランスを保つことが成功への鍵です。

まとめ

札幌でチャットレディとして活動する皆さん、お酒を飲むかどうかは、個人のライフスタイルや仕事への姿勢に大きく依存します。自分自身の健康、仕事のパフォーマンス、そして最終的にお客様との関係をどう築きたいかについて考えることが重要です。

チャットは飲み会ではなく、チャットレディはあくまでもパフォーマーです。演じる側として、自分自身の理性が飛ぶくらいの飲酒は控えましょう。又、お酒の力は無限なので、適度な飲酒が適切です。チャットレディは、画面越しということで飲んだフリもできますよ。お酒の不得意に合わせて、身の丈に合わせた飲酒を心がけてみてください。

「ちょこ札幌」としては、皆さんが自分にとって最適なバランスを見つけ、プロフェッショナルなチャットレディとして充実したキャリアを築けるようサポートします。自己管理と自己規律を大切にし、自分にとって何がベストかを常に考えることが、成功への道です。

また、ちょこ札幌の事務所スタッフの中には、チャットレディ経験者も多数在籍していますので、何か分からない事や不安な事があれば、何でも気軽に相談してくださいね♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!