その「気遣い」で空気が変わる♪

人に愛されるちょっとした気遣い♪

レストランなどで、料理を注文するとき。
相手が同年代から上の人だったら、その方よりも高いものは頼まないことです。

同じものにするか、もしくは、下のものをうまく頼む。
最初はそこから始めます。

上司が先にビールを飲んでいたところへ来て「お飲み物は?」と聞かれたとき。
相手が何を飲んでいるかを見て、同じものにしましょう。
それが空になったときに「次は違うものにしていいですか?」と言います。
TAKEBEIMGL3836_TP_V (1)

最初からいくら好きでもそこは気を遣うことです
「好きなものを飲んでいいんだよ」と言われたとします。
きちんと、「いいんですか」と断ってから頼む方がいいと思います。

でも「好きなものを飲んでいいよ」と言われた。
だからといって、いきなり全く違う、「じゃあ、ワイン」とか言うのはなしです。
相手の方としては徐々に飲んでいきたいというのもあるわけですから。

場の空気を読んでものごとを進められる
ということは、男性、女性を問わず、愛される要素だと思います
基本は「一緒にいて楽しいこと」だと思います。

こんなに楽しい思いができたのは初めてなんですと言う。
嘘でもほんとでも、「あなたと一緒にいられて、一緒に働けてほんとに幸せなんです」。
と言える人には、もっといい仕事がまわってくると思います。
AL0012-netesimattete20140722_TP_V

毎日、毎日残業になって「ごめんね、今日もまた残業で」と言われたとき。
「もう最悪。疲れてるんです」と愚痴を言う人。

「いえ、私は課長の下で働けてすごい幸せなんです」。
と言う人なら、課長だって後者の女の子に悪い気はしないわけです。
申し訳ないなと思うし、そこに信頼関係が生まれます。

「これやっといて」と言われたとします。
「私は今日は五時で帰りますけど、できるところまで一生懸命頑張ります」。
とせめて言いましょう。

できるところまで一生懸命頑張るということ
それは、できないところもあるんだな、と相手がわかるわけです

そうじゃなくて、最初から「できません、無理です」と言う人。
逆に、「できるところまでなんとか頑張ります」。
と言って可能な限りチャレンジする人では大きく違います。

タイムリミットが五時というのは同じでも「五時までしかできない」。
というのと、「できるところまで頑張ります」と笑顔を見せる人では違います
可能性のある断り方をする人はうまいですね。

TC160130040I9A6542_TP_V
あなた自身を大切にしている可能性のある断り方です。
地方の仕事に行って、国道沿いに回転寿司しかないとパッと入ることがあります。

「今日は回転寿司でごめんね」と言ったとき。
「一緒にごはん食べられるだけで幸せです」と言える女性は愛されると思います。
ょっとした気遣いでその場が楽しませることのできる女性になりましょう

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!