「香り」のTPOを知ろう♪

上品な色気を演出するアイテム♪

素敵な女性は、香りも気を遣います。
すれ違った瞬間、ふわっといい香りが漂ってくる。
すると女性らしいほのかほのかな色気を感じさせるものです。

けれども、香りにもやはりTPOがあります
素敵な女性であればあるほど、香りのたしなみについても敏感です
2香水 

オフィシャルな場面では「香り」はとくに気をつけましょう。
つける必要があるときは、柑橘系のさわやかなタイプを。
ほんのり香る程度につけるようにするといいでしょう。

そもそも職場に強い香りの香水はタブーです。
ムスク系の甘すぎる香りを振りまく人は、香りのTPOを知らない人
そういったレッテルを貼られかねません

それにムスクのようなフェロモン系の香り。
それはステディな関係にある人との間でこそ使いたい香水です。

男性の気持ちを高め、愛情を確かめ合いたいときに効果を発揮してくれる香りです。
なので、オフィシャルな環境には似つかわしくありません。

基本的に仕事の場面であれば「さわやかな」香りを「ほんの少し香る」
その程度につけるのがマナーです

もしも平日に香りを楽しみたいというのであれば、仕事終わりで楽しむようにしましょう。
仕事終わりなら、気分転換に自分の好きな香りでおしゃれをするというのもいいと思います。
AI_IMG_7672_TP_V
ただし、つけすぎに気をつけましょう。
自分にとってよい香りでも、ぷんぷんとするほどの匂いは周りの人にとって迷惑になります
体調がすぐれない人にとって強すぎる香水はつらいものです。

満員電車やエレベーターの中といった狭い空間では、香りはより一層強く感じられます。
TPOを考えず濃厚な香りを振りまく人は、品のない印象を与えてしまいます
周りへの気配りを忘れずに、香りを上手に楽しめる人が本当におしゃれで素敵な人なのです

また香りのマナーとして、香水をつけるべきではない場所があることも覚えておきましょう
原則として、食事を楽しむ場所では香水はつけないというのがマナーになります。

とくに素材の味と香りを大切にする和食のお店やお寿司屋さん。
繊細なワインを楽しみたいフレンチレストランでは、香水の香りは邪魔なものになります。

料理を味わっているときに、隣から流れてくるタバコの香りが迷惑になります。
香水もまた料理の味を損なわせる迷惑な存在となります。

香水
さりげない心遣いができることも身だしなみのひとつです
香りについても、身だしなみを忘れない女性でいたいものです♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!