おわびは「誠意」を込めて♪

おわびは、はじめにはっきりと♪

悪気はなくても、誰かに迷惑をかけてしまうことがあります。
そんなとき、きちんと謝ることができるかが、とても大切です

ミスはくり返さないという誠意をもって、おわびの言葉を言いましょう。
謝り方の基本の流れを知っておきましょう。
kuchikomi630_TP_V

➀必ずおわびの言葉から
何かミスをした、迷惑をかけたというとき。
まず「ごめんなさい」「申し訳ありません」というおわびの言葉をいいましょう。

おわびの言葉の前に「やり方がよくわからなくって」「電車が遅れて」。
など言い訳をはじめるのでは、謝る気持ちがないのだと思われてしまいます。
謝罪は、おわびの言葉からが基本です

➁説明も必要
言い訳ととられたくないからと、何も話さないでいるのはよくありません。
「私の責任です。言い訳はしません」と言うと、潔い感じがします。
ですが逆に、開き直っているととられることも多いものです。

おわびを伝えたら、なぜそうなってしまったのか、事情の説明が必要です
そのときに、自分は悪くないという気持ちがあるとします。
それは態度に出てしまうので注意しましょう。

➂今後の気持ちを添える
これから気をつけるからね」「今後はこのようなことがないよう、注意します」。
といった気持ちを最後に添えて伝えることで、相手は納得します。

kuchikomi798_TP_V
このひと言を添えることは大きなポイントです。
特にビジネスシーンなどでは解決策をきちんと示すことが、必要とされます。

謝るときの注意点

●気づいたところですぐに謝る
ミスなどに気づいたらすぐに謝ることが大切です。

だまっていては隠そうとしたのではと疑われます。
遅刻など相手に迷惑のかかることは、とにかく一報を入れること。

●大事なことは出向いて謝る
謝るときに大切なのはすぐに謝ることです。

ですから、とりあえず電話を入れておわびをするのも必要なことです。
でも、大事なことは出向いて、直接会って謝るのが礼儀です。

●謝ったら繰り返さない努力を
口先だけで謝罪して許してもらおうと思っている人もいます。

そういう人は、同じ失敗を平気でくり返すもの。
いくら謝っても信用されなくなります。

●態度も大事
ほんとうに申し訳ないという気持ちがあれば、態度も小さくなるもの。

また、お辞儀をするなどという動作も、自然に出ます。
親しい友達ならば、言葉がなくても拝むといったしぐさで気持ちを伝えられます。

●「ごめんなさい」は親しい人だけに
謝るといえば「ごめんなさい」という言葉です。
ですが、目上の人につかうのはNGです。

「すみません」も同様です。
申し訳ございません」をつかいましょう。

●相手が怒っているときは黙って聞く
相手が怒っているときは、途中で口をはさまず、相手の気のすむまで話を聞きましょう。
そのときはおわびの言葉だけ伝え、事情説明は相手が落ち着いてからあらためて。

MOK_kyouheisu-yossya-thumb-815xauto-13628
謝ったあと、事情を説明するときに「だって」「でも」
といった言葉をつけると、説明が言い訳にかわってしまいます

ほんのひと言のちがいで、相手は不快になります。
必要のないところにはつけないようにしましょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!