適度な「控えめ」がいい♪

男性はこんな女性を守りたくなる♪

今は皆無になりつつある、古きよき時代の日本の女性たち。
かつて世界一と称賛された、男性を立て、男性に尽くす「大和撫子」。
それは今も男性にとっては永遠の憧れです

男性には基本的に「女性を守る」という使命があります
「守る」という自尊心を満たすために女性と付き合っている。
と言っても過言ではないのです。
bocchiinaka010_TP_V (1)
強い男性が弱い女性を守る」。
これが本来の自然の形です

昨今では、自己主張の強い女性たちが増えてきました。
草食系男子も基本は男性、優しい女性に尽くされたいはずです。
もっとも女性から見れば、男らしい男がいない、ということかもしれません。

優しくて頼りがいのある男性がいれば私たちだって女らしくするわよ。
と思うでしょう。
そんな時代だからこそ、あえて古風なやり方にチャレンジしてみるべきなのです

二人の関係を、「男性が女性を守る」という本来の姿にもっていく。
すると、男性は自尊心を取り戻し、男らしくなります。
そうすれば、万事がよい形に収まります

では男性が守りたい女性とは、どういう女性でしょうか?
それは、胸がキュンとなる女性です
kuchikomi923_TP_V

誠実で控えめで優しく、言葉遣いと態度から素直さが伝わってくる
そして間違いなく信頼できる性格をしている
こちらが顔をのぞくと赤面し、緊張してモジモジしてしまうような純心がある

胸がキュンとなる可愛らしさ。
守ってあげたいという男性の本能をくすぐる切なさを持っています

か弱く控えめな女性は、男性にとって懐かしい香りがします。
忘れていた女性の本質がそこにあります。

男性が守ってあげたいという本能を駆り立て、守ることで男性の自尊心が満たされてる。
という本質がそこにあるのです。

弱くて可愛い、何とも言えない切なさと哀れみを感じます。
そして、守ってあげたいという気持ちになるのです。

bocchian023_TP_V4
一方で、控えめでとてもいい子で、「結婚するならこの子」。
と男性なら誰しもそう思うような女性。
なのに、なぜか婚期は遅れがちなケースがあります。

そういう女性は、控えめすぎて現代のスピードについていってないと言えるでしょう。
その原因のひとつは控えすぎることです

自分に自信がないのですぐにネガティブになるところにあります。
そして最大の欠点は、自ら不幸探しをしている点です
不幸になるのが自分にふさわしいと思っているふしがどこかにあるのです。

「いい子」である彼女のよさがネガティブな部分に打ち消されてしまっているのです
これはとてももったいないことです。

守りたいという男性の本能をくすぐる素質は十分持っているのです。
だからあとは不幸探しをやめることです。
そしてもう少し積極的になることです。

MIYAKO85_yuyakehutari20140725-thumb-815xauto-17326
自己主張が強すぎてワガママすぎてもいけないし、控えめすぎて消極的すぎてもいけません。
何事も度が過ぎるのはよくないのです

ワガママな人は控えめになることを訓練しましょう。
控えめな人は積極的になることを訓練するとよいでしょう♪

お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEからお気軽にお問い合わせください! お電話・メール・WEB・LINEから お電話・メール・WEB・LINEから お気軽にお問い合わせください! お気軽にお問い合わせください!

今ならこんな特典もあります!今ならこんな特典もあります!